あなたのお宅は”安全”ですか? 収納のリフォームが、いざという時の家族を救う

近頃また地震が増えてきましたね。
いつ起こるかわからない災害に備えて、非常食や持ち出しグッズを備えている方は多いと思います。

ですがその前に、“家の中の安全”についても日々備えている、
という方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。

“家の中の安全”?
ピンと来なかった方、こんなニュースを見たことはありませんか?

地震後、タンスが倒れ、物が散乱している部屋。
ここは私の寝室です。
もし寝ている時だったら、大変なことになっていました・・・

災害が起きて初めて、「私はこんな危ない部屋で寝ていたんだ」と気づくんですね。

寝室だけではありません。
リビングやキッチンも同じです。

家具を固定したり、収納の扉に耐震ロックを付けたりしているご家庭は多いかと思いますが、
災害時、飾り棚の物や、本棚の本、家具の上に置いてある物が落ちてくることも想定していますか?

さらに、既に床の上に物が置いてある状態のお宅や、
書類や箱などを積み上げて置いてある場合は、
もっとひどい状態になるでしょう。
それらが倒れ散乱すると、足場が滑り、思うように移動できなくなります。

また、マンションのように、出入口が玄関やベランダだけになる場合は、
廊下や玄関、ベランダに物が置いてあるのは、非常に危険です。
小さい子どもや、お年寄り・体の不自由な方が一緒に避難するのであれば、なおさらです。

必要だから・・・ 置くところが無いから・・・といって、
積み上げられているものや、床置きされてある物は本当にそのままで大丈夫ですか?

いま一度、安全の観点から、家の収納を見直してみてはどうでしょう。

まずは、それらが本当に必要なものかどうかを見極めましょう。

例えば、安いからと箱買いした日用品を、置く場所がなくて玄関近くに置いているなんて場合…
在庫はそこまで必要でしょうか?
必要な分だけ必要な時に買うので間に合いませんか?

そのように持ち物を整理しても、やはり収納に収まり切らない。
そんなときは、もしかしたら収納スペース自体が足りていないのかもしれません。

収納の見直しを兼ねて、リフォームをすることも一案です。

さくらリフォームでは、お客様の状況を伺い、
最適な収納プランを立てます。
それに沿ったリフォームをすることで、
適切な収納のある住まいにすることができます。

玄関収納を設けて、日用品の在庫や、非常持ち出し用品をまとめておく、ということもできるようになります。
あちこちに分散して把握できなくなっていたものをまとめて管理できるようにもなりますね。
在庫がだぶっていた、把握しきれなくて賞味期限が切れていた、ということもなくなるでしょう。

床や廊下に物があふれずに、
物がきちんと管理できている生活は、
すっきりと気持ちよく暮らせるだけでなく、
いざという時の安全・安心にもつながるのです。

災害はいつ起こるかわかりません。
思い立ったときが、住まいの安全の見直し時です。

さくらリフォームでは、収納のプロがお客様の合った収納提案をしています。
収納計画をしっかりと立てながら、安全・安心な生活を手に入れましょう。



関連記事


各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】キッチンリフォーム相談会
Cup of coffee and laptop on wooden table.

・平日限定(月、火、木、金)
 午前10時~or午後2時~開催
・世田谷区在住の方限定、完全予約制
・ショールームまで送迎サービス付き
 (ご希望される場合)

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!