あなたの家の屋根と外壁の塗装、いつ点検しましたか? 見逃しがちな塗装劣化に気を付けて!

title

今回は戸建ての方々に、外壁のお話をさせて頂きます。

 

突然ですが、貴方のご自宅の外壁、屋根の塗装はいつ行われたかご存知ですか?

 

一般的には外壁、屋根の塗り替え時期は10年~15年と言われています。

その時期を過ぎると、どうなるのでしょうか。

 

屋根は天気の影響を受けるため、最も傷みに気をつけなければならない場所のひとつです。

屋根は、スレート(外から見える部分)、その下にルーフィング、そのすぐ下に野路板という構成になっています。

表面の塗装が剥げ、雨水がルーフィングを貫通すると、下が木材なので腐食が始まります。

そうなると、いつ雨漏りが始まってもおかしくありません。

 

ルーフィングまで貼り替えようとすると、スレートを全て取らないといけないので、費用がかさみます。

そうなってしまう前に、屋根の塗装を定期的にしておくことをおススメします。

 

屋根の塗装は、大工さんを呼ぶ必要はなく、塗装屋さんのみで行えます。

屋根は普段は見えない場所にありますので、

塗装をしなくとも、点検は定期的にプロにお願いしておきましょう。

 

注意していただきたいのは、

訪問販売や、「隣を工事したのだけれどお宅の屋根ヤバいっすよ」という業者さんです。

そういったところはあまりいい話を聞かないので、避けた方がよいでしょう。

 

 

外壁は、部位によってはあまり雨や日光が当たりませんので、屋根よりは傷みにくいかもしれません。

外壁部で怖いのは、シーリング(コーキング)です。

塗装をする際には、必ずシールも一緒に変えてください。

外壁自体は10年や15年持つかもしれませんが、

シーリングは、雨や日光が良く当たるところは3年も持たない場合もあります。

シーリングが劣化しヒビが入るとそこから雨や風などが入り、屋根と同じように木材が腐食し劣化が始まります。

 

しかも壁面劣化は、部屋が傾いたり、外壁にヒビが入ったり、酷いといくら耐震がよくても地震で崩れてしまったりします。

本来、外壁は5年に1度は点検を行った方がよいのです。

シーリングのみでもいいので、定期的に点検することをおススメします。

 

修繕時の予算次第にはなりますが、

外壁、屋根は「二度塗り」「三度塗り」と塗り重ねる数が多ければ多いほど性能が上がります。

家は一生モノです。

安さ重視だと、想定外の所で大きな出費をするかもしれません。

 

皆さんも、ご自宅の外壁にチョーキング現象(外壁塗装の劣化により、触れると手に白い粉がつく)が起こっていないか、

また、シーリングにヒビが入っていないか、一度確認してみてください。

 

さくらリフォームでも、屋根・外壁の点検・塗装作業のお見積りをいたします。

お見積りは無料です。

ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。



関連記事


各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】キッチンリフォーム相談会
Cup of coffee and laptop on wooden table.

・平日限定(月、火、木、金)
 午前10時~or午後2時~開催
・世田谷区在住の方限定、完全予約制
・ショールームまで送迎サービス付き
 (ご希望される場合)

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!