ツーバイフォー住宅の買い替え時期はいつ?

1「ツーバイフォー住宅の構造は特殊だから買い替え時期がよく分からない。」という方も多いのではないでしょうか?実は、ツーバイフォー住宅の買い替え時期がくるといくつかの現象が起きますのでこの記事で詳しくご紹介していきます。

~ツーバイフォー住宅の買い替え時期はいつ?~

ツーバイフォー住宅の買い替え時期になってくると、次のような現象が起きることがあります。

①天井から木くずが落ちる

ツーバイフォー住宅は買い替え時期になるとまず、天井の劣化が始まります。天井が劣化し始めると、天井から木くずやほこりが落ちはじめます。ですので、何もしていないのに天井からほこりや木くずが落ちてきはじめたら買い替えることを検討した方がいいかも知れません。

②壁の塗装が剥がれはじめる

ツーバイフォー住宅の最大の特徴は、耐震性の高い壁で劣化ですが、劣化が進んでくると、壁の塗装が剥がれてきます。もし、完全に塗装が剥がれて木材がむき出しになってしまうと、耐震性が極端に低くなってしまいますので、買い替えることを考えたほうがいいでしょう。

③屋根の瓦が外れるようになった

ツーバイフォー住宅は、ツーバイフォー構造という板の上に2×4(ツーバイフォー)の木材を敷き詰めてその板を何枚も積み重ねて造られています。屋根もツーバイフォー構造を用いて造られているので、瓦が外れてしまっていると、自然災害が起きたときに、住宅が潰れてしまう危険性が高くなります。ですので、屋根の瓦が外れるようになってきたときは買い替えることを検討することをおすすめします。

④床がきしむようになったり、傾くようになった

ツーバイフォー住宅の場合、床はツーバイフォー構造の土台となっている最も重要な部分です。ツーバイフォー構造は、劣化が進みはじめると、少しずつ木材と木材のあいだに隙間ができはじめますので歩いているとミシミシときしんだり、傾くようになります。床にこのような異変が起き始めたら買い替えの時期が迫ってきているサインです。

⑤外壁の色があせてきた

ツーバイフォー住宅の場合は、劣化が進んでいくと木材と木材のすきまができます。そして、その隙間から空気が入りこんで木材が腐りはじめます。住宅は長い間空気に触れていると、色があせてきますので外壁の色があせてきたときには、買い替えを検討した方がいいでしょう。

~まとめ~

ツーバイフォー住宅の買い替え時期をご紹介してきましたが、リフォームをすることで買い替える必要がなくなるケースも多いです。
さくらリフォームではさまざまなリフォームを行っていますのでお気軽にご相談下さい。



関連記事


各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!