マンションならではのリフォームの注意点とは?

1マンションをリフォームする際には、ほかの住宅のリフォームとは異なり、さまざまな特別な規定があります。この記事では、マンションならではのリフォームの注意点をご紹介していきます。

~マンションならではのリフォームの注意点~

マンションならではのリフォームの注意点は次のようなものがあります。

①防音規制

マンション独自の制約(防音規約)があるため、そのを守っていなければフローリングをリフォームすることができません。
防音規約とは、すべての住民が快適に過ごすことができるように下の階の住民に生活していると出てしまう音(足音、洗濯機の音、掃除機の音、子どもが遊ぶ音など)が響かないようにしなければいけない。ということを記載したものです。
マンションの遮音基準(は、マンションによって違いますが、45L~41Lとなっています。

それぞれのマンションが定めている数値(デルタ遮音性能保つことができる数値)を下回っている素材でリフォームしなければいけません。

防音規制の基準を満たすためには、下記のリフォームが適しています。

○防音性の高い壁のつくりに変える

ツーバイフォー住宅で使われている木材SPF(パイン材・モミの木を削った木材(ファー)・スプルース)を使って1枚の大きな板に2×4のサイズにした木材を隙間なく敷き詰める構造につくりかえることで防音性を高めることができます。

○床の素材を変える

フローリングの素材を防音性の高いものに変えることで、室内の騒音が他の部屋に漏れるのを抑えることができます。

マンションには防音規制があるため、上記のリフォームを行って騒音基準を満たすことができます。

②リフォームが制限される場合がある

マンションの場合は、ベランダおよびバルコニー、トイレは、水を流すためのパイプが他の部屋と繋がっている共同スペースになっていることがほとんどですのでトイレのリフォームやベランダやバルコニーにサンルーム(日が差し込むことを目的としたスペース)やプライバシー保護のための仕切りや囲いをつくることができないことあります。また駐車場も共同スペースになっているため、ガレージやカーポートを設置することができません。

この他にもマンションによっては、.行うことができないリフォームがあることがありますので、リフォームを検討するときには、リフォーム会社とマンションの管理人の双方に相談しておくことでトラブルになるリスクを下げることができます。

~まとめ~

マンションでのリフォームは決められた規定のなかで行わなければいけませんので、リフォームが難しいケースもあります。さくらリフォームでは、マンションにお住まいの方でもご要望に沿うことができるようにサポートしてまいりますのでまずはお気軽にお問合せ下さい。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!