全面リフォームの特徴とメリット・デメリット

1

全面リフォームをしたいと考えている方も多いと思いますが、全面リフォームにはメリットとデメリットがありますのでした方が良い時期も含めて詳しくご紹介していきます。
 

~全面リフォームとは?~

全面リフォームとは、ひとつの空間を丸ごとリフォームすることです。
全面リフォームを行えば、ガラッと雰囲気を変えることができますので、買い替える必要はないけど新しくしたいというときにおすすめです。     

~全面リフォームの特徴とメリット~

全面リフォームの特徴とメリットは、次のとおりです。

①一気に綺麗にすることができる

一気に綺麗にすることができますので、老朽化が進んでしまって手のほどこしようがないときは全面リフォームをすれば、綺麗になります。

②構造をカスタマイズできる

全面リフォームは構造を自由にカスタマイズすることができますので、耐震性が高いツーバイフォー構造にすることもできます。ですので、屋根や柱の近くなど強度を高めておいたほうが良いところの構造だけを変えることも全面リフォームならできます。

ご紹介してきたように全面リフォームを行えば新築同様の空間にすることができます。

次の章では、全面リフォームのデメリットをいくつかご紹介していきます。

~全面リフォームのデメリット~

全面リフォームには次のようなデメリットもあります。

①時間がかかる

住宅の大きさにもよりますが、全面リフォームは早くて一カ月長くて3か月ほどかかってしまいます。ですので、ある程度計画を立ててから見積もりするとスムーズにリフォームすることができます。具体的な方法については後ほど詳しくご紹介していきます。

②環境によってはできないことがある

全面リフォームは、住宅周辺の環境も関係してくるため、ほかの住宅が密集しすぎていたり全面リフォームする部屋と隣の家が密集している場合は、できない可能性があります。
全面リフォームにはこのようなデメリットもありますので、住宅の状況を考えて行うようにしましょう。

次の章では、全面リフォームを行ったほうが良い時期についてご紹介していきます。

~全面リフォームをやった方が良い時期~

以下のような状況になったときは全面リフォームをしたほうが良いでしょう。

○全体的に老朽化が進んでいるとき

壁や床窓も含めて全体的に老朽化が進んでしまっているときは全面リフォームをしたほうが良いでしょう。

○人数が増えたとき

子どもができたときや、シェアハウスをすることになった場合は全面リフォームをしたほうが気持ちを新たにすることができます。

~まとめ~

さくらリフォームでは全面リフォームも行っていますのでまずはお見積りだけでもぜひお問い合わせください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!