マンションのリフォームを行ったほうが良いのはいつ?

1

マンションのリフォームのタイミングはなかなか難しいですが、マンションならではのリフォームのタイミングがありますので、この記事では、マンションのリフォームを行ったほうが良いタイミングを詳しくご紹介していきます。

~マンションのリフォームを行ったほうが良いタイミング~

マンションのリフォームを行ったほうが良いタイミングは次のとおりです。
○築年数が15年~20年経った頃
マンションの場合、築年数が15年~20年経つと中古物件に分類されるので15年~20年を目安に劣化している部分がないか確認しましょう。

劣化が進んでいるかどうかは場所によって違うため次の章で詳しくご紹介していきます。

~リフォームするかどうかの判断材料に!空間ごとの劣化が進んでしまっているサイン~

空間ごとの劣化が進んでしまっているサインは次のとおりです。

①壁

マンションの場合、壁の塗装が剥がれたり、中に空洞ができたりして隣の部屋の生活音が漏れ聞こえるようになります。
このように壁の劣化が進んでしまうと防音機能が低くなり、騒音トラブルに発展してしまうことがありますので、劣化が進み始めたら早めにリフォーム会社に相談することをおすすめします。
それだけでなく、塗装が剥がれてしまって木材がむき出しになってしまっていると、木材が腐ってしまいますので塗装が剥がれた場合もリフォームしたほうが良いでしょう。

②床

床は劣化が進むと、板の色が変色したり、歩いているときしむようになってきますのでこのような異変が起き始めたら注意が必要です。。

床の劣化が進むと、最悪の場合床が抜けてしまい弁償しなければいけなくなってしまいますので異変に気づいたら早めにリフォームしましょう。

③間取りのリフォーム

マンションの場合、基本的に間取り変更のリフォームは難しいですが、和室を取り壊して全面フローリングにリフォームすることは可能ですのでバリアフリー化が必要になったという場合はリフォーム会社にご相談ください。

マンションにお住まいの場合ご紹介したようなリフォームが可能ですが、マンション独自の規定がありますのでリフォームを検討している場合は、事前に管理人に規定について確認したうえで規定に反しないように壁紙素材や床の素材を決めていくと良いでしょう。

~まとめ~

マンションのリフォームについてご紹介してきましたが、さくらリフォームなら初めての方でも安心してリフォームできるようにサポートしていきますのでまずはお気軽にお問い合わせください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!