外壁に使える素材はどんなものがある?

 gaiheki「外壁をそろそろリフォームをしたいけど、どんな素材が使えるのか分からない。」という方も多いと思いますのでこの記事で外壁に使える素材について詳しくご紹介していきます。

 「これから外壁をリフォームしたい。」と思っている方はぜひご覧ください。

外壁に使える素材はどんなものがある?

基本的に外壁に使われる素材は、サイディングと呼ばれる素材です。

 サイディングとは、板の形になっている土台に素材を貼り付けて外壁をつくっていく、近年の住宅で使われています。

 ただし、ひとくちに外壁の素材と言ってもサイディング以外にもたくさんありますので、以下にそれぞれの特徴をまとめておきます。

 ○窯業(ようぎょう)系サイディング

窯業(ようぎょう)系サイディングとは、、セメントと繊維質や無機物を混ぜてつくられている素材で耐震性が高いのが特徴です。

○金属系サイディング

金属系サイディングとは、ガルバリウムやアルミニウム、ステンレスの鋼板が使われている素材で、凍りにくいのが特徴ですので、寒い地域にお住まいの方におすすめです。

 ○ウッドサイディング

 ウッドサイディングとは、木材を貼り付けた外壁で、木材ならではの温かみと断熱性が高いのが特徴です。

 ○樹脂系サイディング(塩化ビニル樹脂)

 樹脂系サイディングは、劣化しにくいのが特徴の素材で上から貼り付けることができますので、施行がすぐに終わります。ただし、カラーバリエーションが限られてしまいますので、デザイン性にこだわりたい方にはあまりおすすめできません。

 ○モルタル

モルタルとは、ラスという針金の網などの上に、砂と水、セメントを混ぜて練り上げたモルタルを左官コテで塗りつけた外壁材吹き付けタイル・ジョリパット・リシン・スタッコの4種類があり見た目がそれぞれ違いますので、住宅の雰囲気や内装のデザインに合わせて選ぶと良いでしょう。

 ○RC(鉄筋コンクリート)

鉄筋コンクリートは、気密性が高く、耐熱性、遮音性、耐震性、耐久性も高いため、外壁に貼り付けるだけで1年中快適に過ごすことができます

 ○レンガ

 レンガは、メンテナンスがほとんど必要なくおしゃれな素材ですが、レンガは欠けたりしやすいのでそのときは修繕しなければいけません。

 ○タイル

タイルは、耐水、耐火、耐候に優れており、デザインも豊富なため、おしゃれな住宅にしたい方にとくにおすすめです。

まとめ

外壁の素材についてご紹介してきましたがさくらリフォームではさまざまな素材をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!