目隠しフェンスとは?使い方や設置するメリット・デメリットを底解説!

1「目隠しフェンスをつけているという人が周りに多いから目隠うしフェンスをつけようか迷っている。」というかたも多いのではないでしょうか?そこでこの記事では、目隠しフェンスの使い方とメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

~目隠しフェンスとは?~

目隠しフェンスとは、住宅全体、もしくは1部を見えなくするためのもので設置することで、プライバシーを守ることができます。
目隠しフェンスは次のような活用法があります。

①洗濯物を人目からさけることができる

洗濯物を干せる場所は、早く乾かそうという思いから日光がよく当たるベランダや庭に干すことも多いけど人に洗濯物を見られたくないという方も多いのではないでしょうか?洗濯物干すときに目
隠しフェンスのなかに干せば、外から洗濯ものが見えなくなるのでひとり暮らしの女性におすすめの使い方です。

②空間を仕切るために使う

目隠しフェンスは、見えなくするだけでなく、空間を仕切るために使うこともできます。空間を仕切ることで個人の空間ができるので、それぞれの趣味を楽しむこともできます。

③侵入者を防ぐ

大きく高さのある目隠しフェンスを設置すれば侵入者を防ぐことができるため防犯対策にもなります。

目隠しフェンスはこのようにさまざまな使い方ができますので目的に合わせて大きさや高さを決めると良いでしょう。

次の章では、目隠しフェンスのメリットとデメリットを解説していきます。

~目隠しフェンスのメリットとデメリット~

目隠しフェンスを設置すると次のようなメリットとデメリットがあります。

○メリット

○おしゃれになる

目隠しフェンスを設置すれば見た目がおしゃれになるので、外観をおしゃれにしたいときは目隠しフェンスをつけると良いでしょう。

○プライバシーを守ることができる

目隠しフェンスを設置すれば外から家の様子が見えなくなりますのでプライバシーを守ることができます。それだけでなく、目隠しフェンスで泥棒対策にもつながります。

○外気を遮断することができる

大きくて高さのある目隠しフェンスを設置すれば外気を遮断することができますのでツーバイフォー住宅のような外気で劣化が進みやすい住宅に住んでいる方におすすめです。

○デメリット

隙間ができることがある

大きさや高さが合っていないと隙間ができてしまい覗かれてしまうことがありますので大きさや高さが合ったものを選ぶ必要があります。

圧迫感が出ることがある

目隠しフェンスが大きすぎると圧迫感が出て狭く感じてことしまうことがあります。

~まとめ~

さくらリフォームでは、ご自宅の状況に合わせて適切な目隠しフェンスを設置していきますので、設置したいという方はお気軽にお問い合わせください。

 

oniwabu_b02




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!