ドアのリフォームをしたほうがいいときはどんなとき?

door「ドアは、いちど取り付けてしまえばリフォームは必要ない。」と思っている方がほとんどだと思いますが、実はドアもリフォームしたほうがいいときがありますのでこの記事では、ドアのリフォームをしたほうが良いときはどんなときなのか、ドアのリフォームの内容も含めてご紹介していきます。

~ドアのリフォームをしたほうがいいときはどんなとき?~

ドアのリフォームをしたほうがいいときは、劣化が進みはじめたときです。ドアの劣化が進んでくると次のような現象が起きるようになります。

①ドアノブが回らなくなる

ドアの劣化が進んでくると、ドアノブがだんだん錆びてきて最終的にはドアノブが回らなくなります。ドアノブが錆びはじめると回したときに「ギギギ」というような音がするようになりますので、ドアノブを回したときに違和感を感じるようになったら注意が必要です。

②鍵が入りにくくなる

ドアの劣化が進んでくると鍵穴が少しずつ変形してくるので鍵が入りにくくなりますので、鍵が入りにくくなったと感じたら劣化がはじまっているサインです。

③ドアの塗装が剥がれはじめる

何度もドアに触れてドア表面の劣化が進んでくると、ドアの塗装やコーティングが剥がれはじめますので定期的にドアの塗装やコーティングが剥がれていないかどうか確認するようにしておくといいでしょう。

④ドアの閉まりが悪くなる

ドアは劣化が進んでくると、ドアの閉まりが悪くなってきますので、しっかりと閉めたはずなのに、隙間ができているという場合は、劣化が進んでいるサインです。

⑤ドアが重たくなる

ドアは錆びてくると、ドアが重たくなってきますので、ドアを開けるのに力がいるようになったときは、劣化が進んでいるサインです。

このような現象が起き始めたらドアのリフォームをしたほうがいいときだといいえます。

次の章では、ドアのリフォームの内容をご紹介していきます。

~ドアのリフォームの内容~

ドアのリフォームは次のようなことを行います。

①ドアノブの取り替えや取り付け

ドアのリフォームでドアノブを取り替えたり、新しいドアノブを取りつけることができます。

②塗装やコーティングの塗り直し

塗装やコーティングの塗り直しもできますので、つやを出したいときや表面を綺麗にしたいとき色を変えたいときにもリフォームがおすすめです。

③ドアの滑りをよくする

ドアの錆びを落として滑りをよくすることができます。

ドアのリフォームではこのようなことを行うことができます。

~まとめ~

さくらリフォームでは、ドアのリフォームも行っていますのでお気軽にお問い合わせください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!