家の外の柱の劣化が進んでくるとどうなる?

1家の外の柱は住宅を支えている重要な部分だからこそ劣化が進んで来たら、できるだけ早く対応する必要があります。そこで、この記事では家の外の柱の劣化が進んでくるとどうなるのか対処法も含めてご紹介していきます。

~家の外の柱の構造~

家の外の柱の劣化が進んでくるとどうなるのかを解説していく前にまずは家の外の柱の構造について簡単に説明しておきます。
家の外の柱は、梁という素材と一緒に使われることで、建物全ての重量を支えることができています。梁は床を直接支えるための素材で、柱は間接的に、床の重量を支えているだけなので柱だけで建物全ての重量を支えようとすると、十分な耐力が必要になります。ですので、柱と家の外の柱は梁と組み合わせて使われているのです。

ではそのような構造になっている家の外の柱の劣化が進んでくると、どうなるのでしょうか。次の章で詳しく解説していきます。

~家の外の柱の劣化が進んでくるとどうなる?~

家の外の柱の劣化が進んでくると、次のような変化が起きることがあります。

①柱が変色してくる

家の外の柱は、住宅の内部の柱と違って住宅が完成してからずっと外気にさらされていますので、劣化が進んでくると木材が変色してきます。木材の種類にもよりますが、木材の多くは劣化が進んでくると色が濃くなってきますので、色が濃くなり始めたら注意しましょう。

②黒い斑点が付きはじめる

外の柱の劣化が進んでくると、色が濃くなることに加えて黒い斑点がつきはじめますので斑点の数が増えてきたら注意が必要です。

③柱をさわると音がする
劣化が進んでくると、柱のなかが空洞になるため柱をさわるとミシミシといった音やギシギシといった音がするようになりますので、定期的に柱をさわってメンテナンスしておいた方が良いでしょう。

④木くずが落ちるようになる

劣化がさらに進んでくると、何もしていなくても木くずが落ちるようになりますので柱の周りを見て木くずがたくさん落ちていたら気をつけた方が良いでしょう。

ご紹介してきたような現象が起き始めたら早めに対処しましょう。

次の章では、柱の劣化が進んできたときの対処法をご紹介していきます。

~柱の劣化が進んできたときの対処法~

①柱を修理する

劣化が始まったばかりのときは、修理をすればまだ使えることが多いです。

②柱を取り替える

柱の劣化が深刻になると新しい柱に取り替えるしかありません。

~まとめ~

さくらリフォームでは、家の外の柱のリフォームも行っていますので劣化が進んできたと思ったらお気軽にお問い合わせください。

 

oniwabu_b02




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!