ベランダに柵はつくれる?!

1ベランダに柵をつくって安全性を高めたいけど、ベランダに柵をつくれるのか分からないという方のためにこの記事ではベランダに柵はつくれるのかをメリットとデメリットも含めて詳しく解説していきます。

~ベランダに柵はつくれるのか~-つくるときの注意点‐

結論から言うと、リフォームをすればベランダに柵をつくることは可能です。
ただし、ベランダに柵をつくるときは、いくつか注意しなければいけないことがあります。

具体的には次のようなものがあります。

①柵の素材

ベランダに柵をつくる場合は、柵の素材に注意が必要です。なぜなら、ベランダは雨風の影響を受けやすいため丈夫な素材(タイル素材や自然石)でつくられた柵がおすすめです。

もし、ウッドデッキといった素材でつくられた柵をベランダに設置してしまうと、長時間日光にさらされることになるため木材が傷みやすくなりすぐに取り替えなければいけなくなってしまうためタイルや自然石が良いでしょう。

②柵の形・デザイン

ベランダに柵をつくるときには、柵の形にも注意しなければいけません。まず、必ず確認しなければいけないのはベランダの幅です。もし、幅が足りていないと隙間から日差しや
あらかじめベランダの幅を確認して、隙間ができないように設置しなければいけません.。
さらに、ベランダは外から目立つためデザインにもこだわりたいという人もいらっしゃると思いますがリフォーム会社にリフォームを依頼すれば、住宅やベランダに合った柵を提案してもらえます。

ご紹介してきたようにベランダに柵をつくるときには柵の素材やデザインを気をつけなければいけません。

次の章ではベランダに柵をつくるメリットとデメリットをご紹介していきます。

~ベランダに柵をつくるメリットとデメリット~

ベランダに柵をつくるメリットとデメリットはそれぞれ次のとおりです。

○メリット

①おしゃれにすることができる

ベランダに柵をつくることで見た目をおしゃれにすることができます。さらに、ガーデニンkグもしやすくなります。

②セキュリティー面が高まる

柵をつくることで防犯対策になったりプライバシー保護になるので小さなお子さんやペットがいるご家庭には最適です。

●デメリット

①定期的なメンテナンスが必要
ベランダに策をつくった場合は、先ほど述べたように劣化が進んでいないかどうか(隙間ができていないかどうか、素材は古くなっていないか)を定期的に見ておかなければいけません。

さくらリフォームでは、ベランダに柵をつくるリフォームも行っていますのでまずはお気軽にお問い合わせください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!