庭の水はけをよくするにはどうしたらいい?

1

「最近、庭の水はけが悪くなって水たまりができるようになった。」こんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?こんな悩みをお持ちの方のためにこの記事では庭の水はけをよくするにはどうしたらいいのか詳しく解説していきます。

~庭の水はけをよくするにはどうしたらいいのか~

そもそも庭に水が溜まってしまう原因は、地面がむき出しになってしまっているため土に雨水が蓄積されるからです。
ということを踏まえると庭の水はけをよくするには、地面の上に雨を跳ね返すものを敷けば良いのです。

では、どのようなものを敷けば良いのか次の章で詳しく解説していきますのでお住まいの住宅のお庭の状況と照らし合わせながらご覧ください。

~庭の水はけをよくすることができる素材~

庭の水はけをよくすることができる素材には次のようなものがあります。

①コンクリート

コンクリートはセメントで固めるため雨はもちろん地震が起きても割れにくい丈夫な素材ですので安全性を高めたいという方におすすめです。しかし、コンクリートはデザイン性に欠けるのでおしゃれな庭にしたいという方にはあまり向いていません。

②タイル

タイルの特徴は、見た目がおしゃれなので敷き詰めるだけでヨーロピアン風のお庭に仕上げることができます。しかし、タイルは衝撃に弱く、すぐにひびが入ったり割れやすい素材なので、定期的な修繕リフォームが必要になることが多い素材ですので、修繕費を抑えたい方にはあまりおすすめできません。

③自然石

自然石は、細かい白い石を敷き詰めて水はけをよくできる素材です。自然石は石を敷き詰めていくので量を調節することができ見た目も美しく仕上がります。しかし、自然石は歩くたびに石が動いてしまうのでむらができやすく一か所に集中して雨水がたまってしまうというデメリットがあります。ですので、定期的に自然石をまんべんなく敷き詰めなければいけません。

④ウッドデッキ

ウッドデッキは、木製でできたタイルのような素材のものです。ウッドデッキは、木の温もりを感じられより自然を感じられるお庭に仕上げることができます。しかし、庭に敷くと劣化が進みやすいので注意が必要です。

⑤人工芝

人工芝は、敷くだけでスポーツを楽しむことができる空間になりますのでペットや小さいお子さんがいるご家庭におすすめです。しかし、雰囲気を変えたいと思ってもなかなか変えられないというデメリットがあります。

どの素材も水はけをよくすることができますがこのように、素材によってメリット・デメリットがありますのでライフスタイルに合わせて選びましょう。

~まとめ~

さくらリフォームではご紹介した庭の水はけをよくするリフォームも行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

 

oniwabu_b02




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!