二重窓をリフォームしたほうがいいときはどんなとき?

1
丈夫なことで知られている二重窓ですが、「二重窓をリフォームするタイミングが分からない。」という方も多いと思いますのでこの記事で二重窓をリフォームしたほうがいいときはどんなときなのかご紹介していきます。

~二重窓をリフォームしたほうがいいときはどんなとき?~

二重窓をリフォームしたほうがいいときは次のようなときです。

○窓枠が外れはじめたとき

丈夫な二重窓の窓枠が外れはじめたときは、かなり劣化が進んでいる証拠ですので、ちょっと風が吹いただけでもガタガタと揺れはじめたらリフォームしたほうが良いでしょう。

○表面の窓が割れているとき

二重窓の表面の窓が割れていたり、ひびがはいっているときも二重窓の機能を失っている状態なので早急にリフォームをしたほうが良いでしょう。破損している箇所が一部でも機能が大幅に低下してしまいますので放置せずにリフォーム会社に修理を依頼しましょう。

なお、ガラスの破損のしやすさは、ガラスの種類によっても変わってきますので、ガラスの種類と特徴について簡単に下記にまとめておきます。

断熱効果が抜群のペアガラス

ペアガラスは、ガラスとガラスを合わせて1枚のガラスにし、中間に空気の層を作っています。この空気の層があることで断熱性が高まり、結露がしにくくなる特徴があります。

防音効果に期待できる防音合わせガラス

防音合わせガラスは、ガラスとガラスの間に防音材(フィルム)を挟み込んだガラスです。断熱性はそれほどなく、防音機能が優れています。

紫外線&日差しをカットの遮熱高断熱複層ガラス

窓から部屋に入り込む紫外線と日差しをカットすることに特化したのが遮熱高断熱複層ガラスです。遮熱高断熱複層ガラスは、夏の強い日差しによる日射熱を遮断し、室内が暑くなるのを防いでくれます。効果は断熱ガラスと似ていますが、特に「日差し」に対しての効果があります。

暖房効率UPの高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラスには、アルゴンガスが含まれていることがほとんどです。アルゴンガスは空気よりも熱を通しにくい素材です。

このようにガラスによって使われている素材や形状が違いますのでリフォームの際には、どのような状況で割れてしまったのかを伝えて割れにくいガラスを選んでもらうとよいでしょう。

~まとめ~

二重窓でも劣化しますので、今回ご紹介した現象が現れはじめたらお気軽にさくらリフォームまでお問い合わせ下さい。

防犯対策




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!