断熱性を高められる素材はどんなものがある?

断熱性を高められる素材はどんなものがある?

「家の断熱性を高めたいけど、どのような素材があるか分からない。」という方も多いと思いますので、この記事では断熱性を高められる素材はどんなものがあるのかご紹介していきます。

~断熱性を高められる素材はどんなものがある?~

断熱性を高められる素材には、次のようなものがあります。

グラスウール

グラスウールは、ガラス(主にリサイクルガラス)を高温で溶かし、綿状にした細い繊維の集まりのことです。細い繊維同士が絡まり合うことによって空気を閉じ込め、軽量かつ断熱性の高い素材として活用することができます。

ロックウール

ロックウールのいちばんの特徴は、熱に強い・燃えにくいということです。600℃まで加熱しても燃えることなく、形状を維持することができます。ロックウールは外張り断熱に向いています。

セルロースファイバー

セルロースファイバーは、回収した新聞古紙を主原料にして作られた、環境に優しい断熱材です。セルロースファイバーは、断熱材として高い断熱性能を誇るだけではありません。なんと、吸放湿性、防音性、防火性、防虫効果など、断熱以外に多くの性能を発揮してくれるスーパー断熱材ですので初めて断熱のリフォームをされる方におすすめです。

押出法ポリスチレンフォーム

押出法ポリスチレンフォームは、ポリスチレンを原材料とした発泡プラスチック系断熱材です。押出法ポリスチレフォーム(XPS)は、押出機の中でポリスチレンと発泡材を混ぜ、押出機の外に押し出されたタイミングで発泡します。これを一定の寸法にカットしたものが、施工の現場で断熱材として使われています。好きな大きさにすることができるので壁や床にも埋め込みやすいです。

フェノールフォーム

フェノールフォームは、熱硬化性樹脂の1つです。熱硬化性樹脂とは、簡単にいえば熱に強くて燃えにくい樹脂のことです。それだけでなく、有害なガスも発生することもありませんので安心です。

ウレタンフォーム

ウレタンフォームは、ポリイソシアネートとポリオールという成分を、発泡剤や触媒などと一緒に混ぜてできた材料です。
身近では、ソファーのクッション材、まくら、食器洗い用のスポンジなどにウレタンが使われています。このウレタンを発泡させ断熱性能を高めたのが、断熱材として使われるウレタンフォームです。

ご紹介してきたように断熱性素材は、さまざまなものがありますので住宅に合ったものを選ばなければいけません。

~まとめ~

さくらリフォームでは豊富な断熱性素材を取り揃えており、断熱性リフォームも行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

断熱対策リフォーム

>>冬の寒さは断熱で解決!窓及び玄関まわりの簡単リフォームを提案!




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!