外壁リフォームで新築のようにしよう!

外壁リフォームで新築のようにしよう!
突然ですが、外壁のリフォームで新築のように生まれ変わらせられることをご存知でしょうか?この記事では、外壁のリフォームの種類をご紹介していきますので新築のように生まれ変わらせたい方はぜひご覧ください。

~外壁リフォームの種類~

外壁のリフォームは、おおまかに分けると3種に類別できます。各種それぞれのメリット・デメリットに触れながら説明していきましょう。

1. 塗り替え

既存の外壁の塗装を塗り直す方法です。1度のリフォームにかかる費用は安価で済む反面、数年~十数年ごとに塗り直しが必要なため、長い目で見ると割高になる可能性があります。

2. 張り替え

既存の壁材を撤去し、新しい壁材に張り替える方法です。外観の目新しさが得られ、素材を変えればイメージチェンジも容易ですが、既存の壁を撤去・廃棄する手間と費用がかかります。

3. カバー工法

既存の壁材の上から、新しい壁材を覆うように重ね張りする方法です。こちらも見栄えがよくイメージチェンジが簡単なほか、廃材にかかわる作業・費用が発生しないため安価で済みエコになります。ただ、曲面など複雑な形状の外壁に施工ができないほか、極端に傷んだ外壁の上からの施工もむずかしくなります。また、水回りなどの配管類に干渉する場合は別途工事が必要になることもあります。

結局、どの外壁リフォーム方法がベストなのかー目的が重要ー

主な外壁リフォームの方法3種には、それぞれ長所・短所があることがわかりました。では、結局どの方法を選択するのがベストなのでしょうか。外壁の状況や条件に応じて変わってきますが、優先したい条件や現状のお悩みなどで選ぶのがおすすめです。

予算を最優先したい場合

塗り替えが最も安価な方法になります。しかし、塗料の選び方しだいでは、カバー工法とそれほど変わらない費用になる可能性もあるため、見積をとって比較しながら検討する必要があります。

外壁の見た目のイメージチェンジが主な目的の場合

外壁の汚れなどで見た目を一新したいなら、カバー工法がおすすめです。廃材の解体・処理の手間が省けるため、工期が短く済むことも魅力です。ただし、既存の外壁の表面に損傷があれば、重ね張りする前に別途修復工事が必要になる場合があります。

外壁リフォームを兼ねて遮音性・断熱性などを高めたい場合

この場合はカバー工法がベストです。最近の外壁材には、内側に防音効果・断熱効果を高める素材を使用しているものもあり、それらを選べば、重ねて張るだけで防音・断熱効果が得られます。

既存の外壁の傷みがはげしい場合
張り替えがベストな方法になります。工事の際には壁内部の状態も確認できるため、安全面で妥協のないリフォームを考えているなら、思い切って壁材そのものを張り替えてしまいましょう。ただし、廃材処理の費用などはしっかりかかってきますし、工期も長くなります。

~まとめ~

さくらリフォームでは外壁のリフォームも行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

外壁リフォーム




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!