ツーバイフォー住宅で梅雨を快適に過ごそう

1

ツーバイフォー住宅でもリフォームすれば快適に過ごせるようになるとご存知でしょうか?
この記事では、梅雨とリフォームの関係性も含めて詳しくご紹介していきますのでぜひご覧ください。

梅雨時期にリフォームのメリット

リフォーム業界では梅雨時期になると閑散期と言って、お客様の対応が減る場合が多いです。梅雨時期は雨が多いのでリフォーム作業で木材が濡れることを心配して、梅雨時期のリフォームは避ける傾向にあります。もちろん雨漏りなど緊急性のあるリフォームはありますが、一般的には雨の多い梅雨時期はリフォーム業界は比較的ヒマだと言えます。

でも逆に閑散期のヒマなときにリフォームをすることには、メリットがあります。

一番の大きなメリットは、値引きを期待出来ることです。

忙しい時期では値引きを期待することは出来ないものですが、ヒマな時期なら値引き交渉をして値引きを期待することが可能です。梅雨の雨の影響を受けないリフォームであれば、梅雨の時期にリフォームして大幅な値引きをしてもらい、得をすることも期待しても良いと思います。

梅雨時期にリフォームのメリットを検討

雨の多い梅雨時期のリフォームで避けたい場所は外部の部分です。

例えば、屋根・外壁・庭・外構など部分では雨に濡れるとリフォームの出来栄えに大きく影響してしまいます。雨漏りがするので緊急性を要するリフォームでも応急処置として雨漏り対策をしてもらい、本格的なリフォームは梅雨時期が終わってからリフォームした方が良い場合が多いです。

リフォームにとって雨があると塗料や接着剤などが乾きづらく、また木材を搬入するときにも濡れてしまいカビが生えてしまう場合もあるので、梅雨時期のリフォームはお得になる場合がありますが、雨の影響が全くない部屋内のトイレや浴室などのリフォームなら安心してリフォームが出来ると思います。

ちなみに梅雨時期のリフォームで部屋内でも避けたいのは、無垢材のフローリングを張り替えるリフォームです。無垢材は湿度の影響で伸縮しますが、梅雨時期では水分を多く含んでいるので乾燥した時期との差が激しくなります。そうすると床の無垢材の間に隙間が大きく出来てしまい、ゴミが溜まりやすくなり不便に感じてしまいます。

梅雨時期のリフォームでメリットがあるのは、雨の影響のない浴室やトイレなどと言えます。

梅雨対策のリフォームで一番のポイントとなるのが換気です。

室内の湿っぽい空気を逃がして室外から新鮮な空気を取り込む働きを活性化させられれば、梅雨時のストレスは大幅に軽減できるでしょう。

梅雨時の換気対策には、24時間換気システムがおすすめです。

24時間常に換気扇が稼働することで、室内の空気を常にゆっくりと入れ換えてくれます。

建築基準法の改正で2003年以降に新築した住宅には設置が義務付けられていますが、それ以前に建てられた住宅の場合はリフォームで設置することになります。

大規模なリフォームや増築する場合には設置が義務付けられることもありますが、対象外でも梅雨対策として導入するほうが賢明でしょう。

室内の空気循環を良くするために、開き扉を引き戸に変更するのもおすすめです。

開き扉でも室内の換気は可能ですが、完全に開放しておくと開き扉が動く半径はデッドスペース化してしまいます。

また、完全に開放するにはストッパーなどが必要になり、それでも不意に強い風が通れば強い勢いでバタンと閉まることもあるので不快です。

部屋と部屋を仕切る扉を引き戸タイプに交換すれば、換気のために少しスキマを開けておくだけなどの対応も可能になります。

梅雨時といえばカビの発生に頭を悩まされますが、その中でも特に困るのが浴室のカビでしょう。

浴室はしっかりと換気をしてもタイルの目地や各部のパッキンにカビが発生しやすくなります。

浴室のリフォームを考えているのであれば、ぜひドア部分にパッキンがないタイプのものを導入しましょう。

パナソニックのスキットドアシリーズのように、下部のパッキンを廃止している製品なら、浴室のカビ発生が大幅に抑えられます。

~調湿機能はどこまで信用できる?~

梅雨対策といえば調湿機能付きの壁材にも注目が集まるところでしょう。

珪藻土の塗り壁やリクシルのエコカラットシリーズなどが人気ですが、梅雨対策としては万全ではないようです。

調湿とは、湿気が多いときに吸収、湿気が少ないときに排出するはたらきを指すため、常に多湿の梅雨時は吸収ばかりがはたらいてしまい、十分な効果が期待できないのです。

調湿機能付きの壁紙などを導入した場合でも、こまめな換気や24時間換気システムなどを併用する必要があるでしょう。

梅雨時期こそ 雨漏りチェック
梅雨の時期は雨漏り確認に適した時期でチャンスなのです。

雨が長期間降る梅雨の時だけに、雨が漏れたりすることは少なくありません。
天井に点検口がある場合、雨が降る前後を観察し、雨水の流れを記録することをおすすめします。

弊社でも、雨漏りの原因を確実に調査する際、確認用の点検口を取り付けするケースがあります。
実際に雨漏りの現場に駆けつけると、お客様ご自身で点検口を作成していることも少なくありません。
ホームセンターにDIYで点検口を作る一式道具が販売されています。
もちろん、オンラインショップでも購入可能ですがやはりリフォームのプロに頼んでおいたほうが梅雨以外でも快適に過ごせるでしょう。

雨漏りを早期に発見することは、被害の拡大や、将来の修繕費用を抑えることにつながります

~梅雨はリフォームに向かない季節?~

6月の声を聞くと、そろそろ『梅雨』と連想してしまいます。
『梅雨』って「リフォーム」に向かない季節なのでしょうか?
確かに、大雨が降ると、作業員が屋外と屋内を行き来する工事は屋内に汚れを持ち込む恐れがありますし、作業もやりにくくなります。

しかし、まだシャワーが今ほど当たり前でなかった頃、5月から6月にシャワーを設置することを主目的にした「お風呂リフォーム」が数多く行われました。
暑い夏に向けてちょうど今頃にリフォームしたのですね。

6月はお風呂リフォームの季節

最近でも、5月6月は「お風呂リフォーム」が多くなる時期なのです。
カビなどの汚れが気になるのがこの季節ですし、真夏も真冬もお風呂が使えないと困ります。
したがって、夏前のこの時期に「お風呂リフォーム」を計画される方が多いのです。

ズバリ申し上げます。塗装が雨で流れる、乾かないといったことはありません。梅雨時と他のシーズンで、工事品質の差はないということです。

では、何がデメリットなのでしょう?雨天の日が多いと、工期が延びやすいことです。短い工期をご希望のお客様だとオススメできませんが、気にならないのであれば全く問題はないかと思います。なにせお天気のことですから…梅雨を避けたのに雨続きとなる可能性もありますし、

カラ梅雨で順調に進むケースもあります。ちなみに私の経験上、梅雨時の施工で不具合が起きたケースは一度もありません。ご安心ください。

では、梅雨時に塗装工事をするメリットはというと、あまり好まれない梅雨ですから、比較的予約も空いた状態になりがちです。工期にゆとりのある方は、ぜひご参考にしていただければと思います。まとめますと「けっこうオススメな梅雨時の着工」ということです。

~まとめ~

暦のうえでは夏もすぐそこまできています

夏休み前にリフォームするためには、そろそろ決断する時期ですよ!
ぜひさくらリフォームに梅雨のリフォームについてなど何でもご相談ください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!