外壁の色を種類と与える印象

最近では、外壁塗装の色も非常に多くの種類から選ぶことができます。

選択肢が多いことは嬉しいですが、中には「多すぎて決められない」という方もいるかもしれません。

 もし、希望の色も特になく外壁の色で迷ってしまっているのなら、色が人に与える印象から選ぶのも1つの手だと思います。

具体的な色のイメージがないとしても、「暖かみのある家がいい」などの抽象的なイメージはあるでしょう。

そのイメージに沿った色を選択すれば、あなたの理想の外壁塗装を実現することができます。

 同じ形の家でも、外壁の色次第で見た目の印象ががらりと変わります。

ここでは、外壁に良く使われる人気の色が、それぞれ人に与える印象を詳しく紹介していきましょう。

真っ白な家は、なんとなく魅力的で憧れを抱いている方も少なくないかと思います。

白い外壁は明るさや清潔感のある印象を家に与えることができ、周囲との調和もばっちりです。

いつの時代でも人気が高いため、流行に左右されないのも魅力の1つです。

 ただし、真っ白な外壁は汚れが非常に目立ちやすいです。

汚れを放置すると一気に清潔感がなくなるので、こまめな清掃が必要な色と言えるでしょう。

ベージュ

ベージュは、昔から使われる外壁塗装の色で、人気も非常に高い色となっています。

落ち着いた印象の家に仕上げることができ、見ている人に安心感を与える効果に期待できます。

白に比べてほんのり色がついているため、汚れが目立たないことも人気の理由の一つです。

シンプルなので、周囲の景観と合わせやすいのも嬉しいですね

さらに色が薄いので、イメージと実際の色が大幅に異なることもほとんどありません。

大きく失敗することもない、外壁塗装に使われる色の中でも最も無難な色といってもいいでしょう。

グレー

グレーも、ベージュと並んで人気の高い色となっています。

モダンで落ち着いた印象を与えることができ、クールな印象もあわせ持つため、オシャレな家に仕上げることができます。

 黒や白に比べ、汚れが目立ちにくいことも魅力の1つです。

洗練されたイメージが好みの方にとっては、最も扱いやすい色といえますね。

黒は特に、ガルバリウム鋼板を使った家では人気の高い色となっています。

重厚感と高級感を家に与えることができ、ワンランク上の暮らしを演出することができます。

また、見た目がかっこいいのも黒が持つ魅力の1つです。

 ただし、意外かもしれませんが、黒も非常に汚れが目立つ外壁の色です。

そのため、高級感を維持するならこまめな清掃が不可欠となります。

茶色

茶色は土や木を連想させる色なので、外壁とも非常にマッチしやすい色です。

茶色の外壁は、シックで大人な雰囲気を醸し出すことができます。

また、赤っぽい色合いの茶色になると、温かさも演出することができます。

 ただし、茶色には非常に幅が広い種類があるため、イメージとの違いが起こりやすい色となっています。

打ち合わせを入念に行い、色の選択を慎重に行わなければ失敗する可能性が高くなってしまいます。

暖色系

薄いオレンジやピンクなど、暖色系の柔らかい色も外壁塗装によく使われます。

淡い色合いのピンクは、暖かみがあり柔らかな印象を与えることができます。また、アットホームな印象を演出することもできます。

薄い黄色はベージュの派生系のような色なので、周囲との調和も問題ないでしょう。

 このように、薄い暖色系の色は、外壁塗装と非常に好相性です。

ベージュのような一般的すぎる色は避けたいという方にとっては、選択肢が広がる嬉しい存在です。

 ただし、どの色にしても濃い色は周囲との調和を乱してしまいます。

色あせも激しいので、外壁塗装の色としては選択しない方が無難といえるでしょう。

寒色系

さわやかな印象を持つ青なども、外壁塗装で人気の高い色です。

薄い寒色系は、見た目にもさわやかで好印象を与えることができますね。

また、緑は自然な色なので、ナチュラルな印象に家を仕上げることができます。

自然を連想させる緑にはリラックス効果があると言われており、安心できる癒しの家に近付けることができるでしょう。

こちらもあまり濃い色にすると、周りとの調和を崩してしまうので、薄く淡い色を選択した方が無難です。

色あせもしやすくなるので、あまりビビットになり過ぎない色を選択した方がいいでしょう。

外壁の色でがらりと変わる家のイメージ

では、外壁塗装に色による心理効果を重ねるとどのようなイメージになるのでしょう。

色でこんなに変わる! 家の大きさの印象

人の視覚や心理を利用すると、効果的に色を使い分けることができるようになります。例えば、こぢんまりとした家の塗装には、家を大きく見せるために明るい色を、反対に大きく広い家の場合には、重厚感のある印象を与えるために暗い色を選択するなど、塗装の色合いによって家の印象が大きく変わることを覚えておきましょう。

おしゃれなツートンカラーの視覚効果とは

外壁塗装にツートンカラーを取り入れるのもおしゃれで人気があります。1階には暗い色、2階には明るい色を合わせたツートンカラーの塗装は広くて大きい家のイメージに。また、ベランダなどのでっぱりの部分だけ色を変えると、家の立体感をより得ることができるでしょう。

色は人間の視覚や心理に様々な影響を与えることがわかりましたね。外壁塗装の色を選択する場合にもこうした心理効果や視覚効果を上手に取り入れ役立てましょう。また、この他にトレンドといわれる流行色も存在します。塗装の色を選択する際には様々な情報をもとにどんな色がご自宅の外壁塗装に合うのかをよく分析して決定するとよいでしょう。

~オシャレだけど注意!外壁の汚れが目立つ色~

独自性のあるオシャレな住宅は、比較的汚れが目立ちやすい原色を使っているケースが多々あります。外壁の種類や塗装で問題を軽減できるケースもありますが、注意が必要です。

白・黒の外壁

 真っ白や真っ黒な外壁は汚れが目立つので、外壁にはどちらかというと不向きです。白の中でも特に明るいピュアホワイトは、ヨーロッパの海沿いに広がる建物のような、すっきりとした外観になります。しかし、汚れはもちろん劣化も目立ちやすいので、オフホワイトなど明るみを抑えた色調がオススメです。

 黒は白に比べれば汚れは目立ちません。ガルバリウム鋼板や金属系サイディングボードなど濃い色調展開が多く、全体がシックな印象になるため人気があります。しかし、黒は熱の吸収率がアップし、夏場に家全体が温まってしまうリスクがあります。遮熱効果のある外壁材と、機能性の高い塗装を組み合わせるなどの対策を講じなければなりません。

原色系の外壁

色の濃い原色系の外壁は、当初は美しく仕上がっても、経年劣化により全体の色が抜けて古びた印象を与えてしまいがちです。中間色に比べ退色が顕著なので、リフォームや施工の段階でコーティング塗装を施すなど、工夫が必要です。

また、外壁の色選び全体における注意点にもなりますが、室内と屋外の光源では、外壁の素材見本の見え方が大きく異なります。

展示場やショールームでお気に入りの色を選んでも、実際施工してみると太陽光の反射でイメージが違ってしまうケースが多々あります。自宅の壁と見本を見比べてみたり、同じ素材・塗料を使用した住宅を業者の方に案内してもらったりすると安心です。

白・黒の外壁は、やはり汚れが目立ってしまいますし劣化も目立ってしまいます。なかなか外壁の汚れを落とすことは手間や動力がかかってしまいますので注意が必要です。

~まとめ~

ご紹介してきたように、色が与える印象は、とても大きいので慎重に選びましょう。
 さくらリフォームでは、外壁のリフォームも行っておりますのでまずは、お気軽にお問い合わせください。

外壁リフォーム




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!