戸建住宅の浴室リノベーションをお考えの方に必見!

1近年はリフォームに変わり、住宅をより住みやすい環境にするためにリノベーションする方が増えてきています。構造上の機能性を高めることを目的としたリノベーションですが、実際にリノベーションする前に確認しておかなければならないポイントがあります。
ここでは、リノベーションするうえで確認しておかなければならないポイントや快適な環境にするために必要なこと、また、浴槽の選び方をご紹介いたします。

1.    戸建住宅の浴室改修で確認するポイント

戸建住宅のリノベーションを行う前に、確認しておくべきポイントがあります。

どのあたりまで機能性を向上させるか

リノベーションしてどの程度まで機能性を高めるかを確認しておかなければなりません。老朽化した浴室の改修だけでなく、浴室の広さや高さ、水はけなどさまざまな要素に関する機能性を考慮しなければなりません。

2.    浴室を快適な空間にするために

浴室は住宅の中で最も転倒などの事故の発生が多い場所です。戸建住宅の浴室を快適な空間にするためには、まず安全性を考慮しなければなりません。例えば、滑りにくい床にしたり、段差をなくしたりします。他にも、手すりや支えを付けてもよいでしょう。特に、お子さんがいる家庭では浴室内で暴れまわることもあり、滑ったり角に頭をぶつけたりしないよう工夫が必要となってきます。浴室空間をより過ごしやすい快適な空間にするために安全性は大変重要なのです。
また、窓の高さや、浴室の高低差も考慮しなければなりません。浴室は家族みんなで使う空間ですので、家族でどのように使っていきたいかよく話し合うことが大切なのです。

3.    浴槽の選び方

浴室を快適な空間にすることができたら、最後は浴槽選びです。家族みんなの意見をまとめ、浴室の空間にマッチした浴槽でなければ快適な空間を完成させることができません。
例えば、浴室のタイプを和式と洋式のどちらにするのか、素材は強化プラスティックやステンレスなど何にするのか、などです。浴槽は素材や大きさで予算が大きく変わってきます。
また、浴槽は広さ、出入りのしやすさ、肌触りなどの質感やデザインなども考慮するとより、快適な空間に近付いていくでしょう。しかし、何よりも浴槽は安全でなければなりません。浴槽にまたがるときの高さや広さは十分考慮する必要があります。また、安全で且つより快適な空間を作るためには、家族でよく相談することが大切です。

戸建住宅の浴室リノベーションの一番のメリットは浴室の広さや機能性を極限まで高めることができることです。しかし、広すぎても機能性が高すぎても逆に使いづらい浴室となることから、どの程度までリノベーションするべきなのかよく考えなければなりません。リノベーションした後は家族みんなで使う浴室ですので、よく家族で相談して満足できる空間を作れるようにしましょう。
全くイメージが付かない方でもスタッフが丁寧にお教えいたします 見積は無料でお出ししております、是非お気軽にご連絡・ご相談下さい。



関連記事


各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!