シャッター工事をするメリットとデメリットー

1「シャッターが住宅についているけど劣化が進んできて締まりが悪くなってきた。」という悩みをお持ちの方や「そもそもシャッター工事ってどんな工事なのかよく分からない。」という方のためにこの記事では、シャッター工事とはそもそもどんな工事で、工事をすることでどのようなメリットやデメリットが生じるかも含めて詳しくご紹介していきます。

~シャッター工事とは?~


シャッター工事とは、シャッターを新しくとりつけたり破損していたりコーティングが剥がれてしまった場合などに行うリフォーム工事の一種です。
次のような現象が現れはじめたらシャッター工事を検討した方が良いでしょう。

~シャッター工事をする目安~

①手動のシャッターから電動のシャッターに替えるとき

「頻繁にシャッターを上げ下ろしするので持ち上げるのが大変になってきたから電動のシャッターに替えたい。」という場合はシャッター工事をする必要があります。

②シャッターを破損してしまったとき

火事や何らかの理由でシャッターを破損てしてしまった場合は、破損部分の修理、もしくは新しくシャッターを取り替えなければいけませんので工事しなければいけません。

③シャッターの締まりが悪くなってきたとき

劣化が進んで、シャッターの締まりが悪くなったり、締めるときにギギギという鈍い音がしはじめたら劣化が進んでいるサインですので、シャッター工事を検討した方が良いでしょう。

このような現象が起き始めたら、早めにリフォーム会社にシャッター工事を依頼することをおすすめします。

次の章では、シャッター工事をするメリットとデメリットをご紹介していきます。

~シャッター工事をするメリットとデメリット~

シャッター工事をするメリットとデメリットは次のとおりです。

○メリット

①盗難防止になる

シャッターをガレージに取り付けておけば、車を泥棒から守ることができますので高級車を持っている方は、シャッターをつけることをおすすめします。

②外観を守ることができる

シャッターをつければ外観を守ることができますので、住宅の壁を守りたいという方はシャッターをつけると良いでしょう。

○デメリット

①破損しやすい

先ほども紹介したようにシャッターは、破損しやすいので衝撃を与えないように注意が必要です。

②定期的なメンテナンスが必要

シャッターは劣化しやすいので定期的にメンテナンスが必要です。

~まとめ~

さくらリフォームではシャッター工事も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

oniwabu_b02




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!