壁紙リフォームをしたほうがいいときはどんなとき?

1

「壁紙はリフォームしなくても大丈夫」と思っている方も多いと思いますが、実は壁紙もリフォームしたほうがいいときがありますので壁紙をリフォームしたほうが良い理由も含めて、この記事で詳しくご紹介していきます。

~壁紙をリフォームしたほうが良い理由~

壁紙は、いちばんよくさわる場所なので、劣化が進みやすいのです。ですので、いちど張ったからといってそのままにしておくと木材がむき出しになってしまいまい住宅の構造が崩れてしまう危険性があります。

ですので、5年~10年ほど経ったらリフォームを検討した方が良いでしょう。

次の章では、壁紙の劣化しているどうなるのか詳しくご紹介していきます。

~壁紙リフォームをしたほうがいいときはどんなとき?~

壁紙リフォームをしたほうがいいときはどんなときは次のようなときです。

①剥がれはじめたとき

壁紙が剥がれはじめたらリフォームで新しい壁紙に張り替えることで壁の劣化を遅らせることができますので、住宅の質を高めることにもつながります。もし、剥がれた状態を放置してしまっていると、構造の要となっている木材が乾燥したり傷ついたりひびが入ってしまい最悪の場合住宅が倒壊してしまうことがあります。ですので、壁紙が剥がれはじめたら早めにリフォーム会社に相談することをおすすめします。

②部屋の雰囲気を変えたいとき

壁紙をこれまでと違う色や模様のものにすることで部屋の雰囲気を変えることができます。色によって人が抱く印象や、心理的効果が変わってきますので誰が使う部屋なのか、どのような利用目的なのか住宅のデザインといったことを考えながら壁紙のデザインや色を決めていくと良いでしょう。

③壁を保護したいとき

壁紙には、さまざまな素材があります。壁紙のなかには防水性の高いものや汚れをすぐに落とすことができる壁紙などがありますので、部屋の用途に合わせて選ぶことで保護機能を高めることができます。
このような状況になったときに壁紙をリフォームすることで住宅の質を保つことができます。
次の章では、壁紙をリフォームする際の注意点をご紹介していきます。

~壁紙をリフォームする際の注意点~

壁紙をリフォームするときには、周囲の環境や隣接している部屋の壁の厚さも関係してくる場合があるのでリフォームを行う前に不動産会社や管理人に確認しておいたほうが良いでしょう。

~まとめ~

壁紙のリフォームは住宅の質を保つために重要なリフォームのひとつです。

さくらリフォームでは経験豊富な職人がご自宅の状況に合わせて丁寧に作業いたしますので、壁紙のリフォームをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!