放っておくと危険!天井の劣化が進んでいるサイン

1

天井の劣化は気づきにくいものですが、実はそのままにしてしまうと、天井が落ちてしまう危険性があります。そこでこの記事では、天上の劣化が進むと、どうなるのか詳しくご紹介していきます。

~天井の劣化が進んでいるサイン~

天井の劣化が進んでいるサインには次のようなものがあります。

①ほこりや木くずが落ちてくる

天井の劣化が進むと、木材が腐ってきますので何もしていなくても小さな木くずが落ちてきたら注意が必要です。

②黒い斑点が増える

天上の黒い斑点は、天井の劣化が進んでコーティングや塗装が剥がれてきているサインですので急に斑点が増えてきたときには、リフォーム会社に相談することをおすすめします。

③天井の色が変色する

天上の色が黄ばんできたり黒ずんできたら劣化がかなり進んでいる証拠ですので早めにリフォームしたほうが良いでしょう。

④天井の線がゆがんで見える

天井に描かれている線がゆがんで見え始めたら、天井の構造が崩れ始めているサインですので注意が必要です。

⑤光沢がなくなった

天井の光沢がなくなったときには、天井の板をつけてから年数が経っているということになりますので輝きがなくなり始めたら注意が必要です。

このような現象が起き始めたらリフォームを検討したほうが良いでしょう。

次の章から天井のリフォームではどんなことをするのか具体的にご紹介していきます。

~天井のリフォームの内容~

天井のリフォームでは次のようなことを行います。

①天井のなかの板の張り替え

劣化が進んでしまっている部分の板を張り替えることで、なかの板がこれ以上劣化しないようにします。

②大本の板を新しくする

かなり劣化が進んでしまっている場合には、いちど塗装をはがしてから構造の大本になっている板を新しくしていきます。
このリフォームは、通常のリフォームよりも時間がかかってしまいますので、早めにリフォーム会社に相談しましょう。

③構造を変える

天井のリフォームには、板を組み替えて構造を変えるリフォームも含まれます。たとえば、ツーバイフォー住宅に用いられているツーバイフォー構造にすれば、耐震性を高めることができるので、地震が起きても天井が落ちにくくなります。このように構造を変えるだけでも安全性を高めることができます。

天井のリフォームも行えば劣化の進行を遅らせたり、安全性を高めることができます。

~まとめ~

さくらリフォームでは天井のリフォームも行っていますので劣化が気になり始めたらお気軽にお問合せ下さい。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!