実はいろいろある!ウッドデッキの活用法

1

「ウッドデッキは、使うだけで温かみを持たせることができる素材だから使ってみたいけど、どんな風に使えばいいのか分からない。」と思っている方も多いと思いますが実は、ウッドデッキにはさまざまな活用法がありますのでこの記事ではウッドデッキの活用法を詳しく解説していきます。

~ウッドデッキの特徴とメリット・デメリット~

ウッドデッキの活用法をご紹介していくまえにウッドデッキの特徴とメリット・デメリットを簡単にご紹介していきます。

ウッドデッキは、木材でつくられているリフォーム素材のひとつです。
ウッドデッキを使うことで、自然に近い、温かみのある雰囲気に仕上げることができます。

ウッドデッキには、次のようなメリットとデメリットがあります。

○メリット

①あたたかみのある空間できる

空間に温かみを与えることができるため、ひとつの空間にウッドデッキを使ったものを取り入れることで癒しの空間に変わります。

②一点ものになる

ウッドデッキは木目や木の曲がり方など同じ素材のものはひとつもないため使うことで、一点ものをつくることができます。

●デメリット

○劣化が進みやすい
ウッドデッキは外に置いておくと年月で劣化が進み、色あせ、木目が濃くなってきますので注意が必要です。

ウッドデッキにはこのようなメリットとデメリットがあります。

次の章ではウッドデッキの活用法をご紹介していきます。

~実はいろいろある!ウッドデッキの活用法~

ウッドデッキには次のような活用法があります。

①庭に敷く

ウッドデッキを庭に敷くことで、雑草が生えるのを防ぐことができ、庭全体を温もりあふれる空間に仕上げることができますので「庭の手入れを少しでも楽にしたい。」という方や「庭の雰囲気を変えたい。」という方におすすめの活用法です。

②塀や壁をつくる

ウッドデッキで庭やベランダに塀をつくることで、ベランダや塀に温もりをあたえることができます。ウッドデッキの場合はベランダに設置することでガーデニングの植物や花が映えるようになります。

③玄関周りに敷き詰める

玄関周り(アプローチ)にウッドデッキを敷き詰めることもできます。玄関アプローチに
ウッドデッキを敷き詰めることで木の温もりをあたえることができ、外国風の住宅に仕上げることができます。

④宅配ボックスに利用する

ウッドデッキは宅配ボックスにも使うことができます。宅配ボックスのデザインとして使えば、手作り感あふれる仕上がりになるのでインテリア感を出したい人はウッドデッキがおすすめです。

~まとめ~

さくらリフォームではウッドデッキを使ったリフォームも行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

 

oniwabu_b02




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!