日焼けはリフォームで防げる?!

1日焼けは、将来がんになるリスクを高めたり肌の老化の原因となる日焼けはできるだけしたくないですよね。でも油断すると家の中でも日焼けしてしまいます。この記事ではそんな日焼けをリフォームで防ぐことができるかどうか詳しく解説していきますので、「家の中でも日焼けしたくない。」という方や気になる方はぜひご覧ください。

~住宅の中で日焼けしやすい空間はどこ?~

住宅の中で日焼けしやすい場所は、窓のそば、庭、ベランダ、バルコニーといった直射日光が肺りゃすい場所です。ですので、リフォームを依頼する前にどの辺りが直射日光が入りやすいのかを確認しておくと依頼がスムーズにできます。

次の章では、どのようなリフォームをすれば日焼けを防ぐことができるのか詳しくご紹介していきます。

~どのようなリフォームを行えば日焼けは防げるのか~

先ほど紹介した空間のリフォームを行えば日差しの量を減らすことがをできるため日焼けを防ぐことができます。
では、具体的にどのようなリフォームで日焼けを防ぐことができるのかというと次のようなものがあります。

○窓のリフォームを行う

窓や窓枠のリフォームを行って窓を小さくしたり、形を円形にすることで日差しを少なくすることができます。

○ベランダに柵や薄い塀をつくる

リフォームでベランダに柵や薄い塀をつくることで、日差しの量を減らすことができるので日焼けを防ぐことができます。ただし、塀を設置する場合は、厚みがあり過ぎると全く日差しが入ってこなくなってしまいますので薄い塀にするか少し隙間をつくっておくと良いでしょう。

○サンルームをつくる

日焼けをしたくないからといっても完全に日差しを遮ってしまう訳にはいきません。そんなときにおすすめなのがサンルームをつくることです。
サンルームは、全面ガラス張りになっていて、庭やベランダに設置して中に洗濯物や植物を置いておくだけで直射日光を当てられる空間のことです。
人は朝起きてすぐに日光を浴びることで、脳が睡眠モードから活動モードに切り替わりますので、起床してからの数分間サンルームに入るようにすると日焼けをすることなく、脳を起こすことができます。

○庭のリフォームを行う

庭は最も日差しがさす場所ですので、庭に高い塀をつくったり自然石を全体に敷き詰めることで照り返しの日差しの量を減らすことができるため日焼けを防ぐことができます。

このように日差しの量を減らすことができるリフォームにはさまざまな種類があります。

~まとめ~

さくらリフォームでは今回ご紹介したリフォームも対応可能ですのでまずはお気軽にお問い合わせください。

 

oniwabu_b02




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!