二重窓の安全性はどんなところにある?

1

「二重窓は安全と言われているけど、実際どこが安全なのかイマイチ分からない。」という方がほとんどだと思いますので、この記事では二重窓の安全性はどんなところにあるのかご紹介していきます。

~二重窓の安全性はどんなところにある?~

二重窓の安全性は次のようなところにあります。

防犯性が高い

二重窓は、その名の通り2枚のガラスが組み合わされているので、割れにくい構造になっています。ですので、不審者が侵入しようと思って窓を割ろうとしてもなかなか割ることが
できないため、狙われても安心です。

台風や地震がきてもガラスが割れにくくなる

二重窓にすることで耐震性が大幅にアップするため、台風や地震が起きても、窓が割れにくくなりますので、家の中が強風でぐちゃぐちゃになる。という危険性も低くなります。

防音性が高まる

現代は、騒音問題は深刻な問題になっているため、騒音トラブルを引き起こさないためにも、自分自身が快適に過ごすために、も防音機能が高い防音合わせガラスの二重窓を設置するだけでも防音機能がかなり高まります。

ご紹介してきたように二重窓をにするだけで防犯性や防音が高まったり、ガラスが割れにくくなりますので、二重窓は、安全性が高いといえます。

ここからは、そんな二重窓の機能を高める方法をご紹介していきます。

~二重窓の機能を高める方法~

二重窓の機能を高める方法は、次のような方法があります。

しっかりと設置する

いくら二重窓の安全性が高いといえども、しっかりと固定されていなければ、その機能を十分に発揮することはできませんので、設置のプロがいるリフォーム会社に依頼して設置してもらいましょう。

目的に合った素材のガラスの二重窓を設置する

二重窓のガラスの素材はさまざまなものがありますので目的に合った素材のガラスの二重窓を設置する必要があります。

下記にそれぞれのガラスの特徴をまとめておきます。

断熱効果が抜群のペアガラス

ペアガラスは、ガラスとガラスを合わせて1枚のガラスにし、中間に空気の層を作っています。この空気の層があることで断熱性が高まり、結露がしにくくなる特徴があります。

防音効果に期待できる防音合わせガラス

防音合わせガラスは、ガラスとガラスの間に防音材(フィルム)を挟み込んだガラスです。断熱性はそれほどなく、防音機能が優れています。

紫外線&日差しをカットの遮熱高断熱複層ガラス

窓から部屋に入り込む紫外線と日差しをカットすることに特化したのが遮熱高断熱複層ガラスです。遮熱高断熱複層ガラスは、夏の強い日差しによる日射熱を遮断し、室内が暑くなるのを防いでくれます。効果は断熱ガラスと似ていますが、特に「日差し」に対しての効果があります。

暖房効率UPの高断熱複層ガラス

高断熱複層ガラスには、アルゴンガスが含まれていることがほとんどです。アルゴンガスは空気よりも熱を通しにくい素材です。

この中から目的に合った素材のガラスを選びましょう。

~まとめ~
さくらリフォームでは、二重窓の安全性を最大限に引き出して設置することができますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

防犯対策




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!