妊娠したら断熱性を高めるリフォームをしたほうが良い理由

妊娠したら断熱性を高めるリフォームをしたほうが良い理由

「断熱性を高めるリフォームをしたほうが良いのは分かっているけど、するタイミングが分からない。」という方もほとんどだと思いますが、断熱性を高めるリフォームをするなら妊娠したときがおすすめです。この記事では妊娠したら断熱性を高めるリフォームをしたほうが良い理由をご紹介していきますので、気になる方はぜひご覧ください。

~妊娠したら断熱性を高めるリフォームをしたほうが良い理由~

妊娠したら断熱性を高めるリフォームをしたほうが良い理由は、次のとおりです。

①身体を冷やすのを防ぐことができる

妊娠中の体の冷えは、胎児に成長に悪影響を及ぼしたり、流産の原因となってしまいますので体を冷やすことは厳禁です。それだけでなく、新生児は、自分で体温調節をするのが難しいため、つねに部屋の温度を適温に保たなければいけません。断熱性を高めるリフォームをすることで窓を閉めたり床や壁から、熱が出ていくのを防ぐことができます。ですので、断熱性を高めるリフォームをして、母子ともに身体の冷えから守りましょう。

②子育てしやすい環境をつくることができる

断熱性を高めるリフォームをすることで、子育てしやすい環境をつくることができます。断熱性を高めることで自然に暖かい環境をつくることができ、1年中快適に過ごせるようになるからです。

③安産につながりやすくなる

先ほど述べたように、断熱性のリフォームをすることで、身体が冷えるのを防ぐことができるため、出産時の陣痛が楽になり安産につながりやすくなります。

ご紹介してきたように、断熱性のリフォームをすることで出産しやすく子育てしやすい環境をつくることができます
次の章では、断熱性のリフォームはどんなものがあるかご紹介していきます。

~断熱性のリフォームはどんなものがある?~

断熱性のリフォームには、次のようなものがあります。

①二重窓にする

窓を二重窓にすることで、冷たい外気が入ってくるのを防ぐことができるため二重窓にするにすることも断熱性リフォームになります。
二重窓にすれば断熱性だけではなく防犯性も高めることができますのでおすすめです。

②床や壁の断熱性のリフォーム

床や壁の断熱性のリフォームをすることで、自然に暖かくすることができるため、新生児のあいだは、床や壁の断熱性のリフォームがおすすめです。
素材を工夫すれば防音性を高めることもできますので、近所トラブルを防ぐこともできます。

~まとめ~

さくらリフォームでは今回ご紹介したリフォームも行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

断熱対策リフォーム

>>冬の寒さは断熱で解決!窓及び玄関まわりの簡単リフォームを提案!




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!