外壁リフォームを安くするためのコツ

外壁リフォームを安くするためのコツ外壁をリフォームする費用を調べてみたら、案外高く少しでも安くなる方法を探したいと考えてしまいますよね?
外壁リフォームを安くするためのコツは、ポイントをいくつか抑えると実現することが可能になります。

その他にも、外壁リフォームだけではなく、様々な条件をかけ合わせれば、さらに安く仕上げることも可能になるのです。
少しでも外壁リフォームを安くしたい方のために、上記で提示したポイントが何なのかをこのページでは解説していきます。

1.外壁リフォームを安くするためのコツ

外壁のリフォームを安くするポイントは代表的なもので3つあります。

1-1.高い素材を選ばない

せっかくリフォームするならモルタル壁からサイディングに変えようと考えるかもしれません。
ただ、サイディングは㎡辺りの単価が塗装と比較すると非常に高いです。

材料や工事の規模にもよりますが、サイディングを使うと塗り替えより1.2~1.5倍は高くなる可能性があります。

もちろん、施工する業者によって㎡辺りの工事単価は変わりますので、サイディングを考えた場合は、必ず塗り替えの場合はいくらかという見積りも必ず取るようにしましょう。

1-2.塗料のグレードを落とす

塗料の値段は種類によってことなります。
一般的には以下のような順番です。

アクリル<ウレタン<シリコン<フッ素<遮熱<光触媒

アクリルと比較すると光触媒は耐用年数が倍以上持ちます。
一方でフッ素と光触媒の耐用年数を比較するとほとんど差はありません。

もちろん、塗料によって防汚性や耐熱性能も変わってきますが、本当にそれが必要か検討する価値はあります。

施工業者に進められるまま、塗料を選んでしまうと思わぬ高額な出費になってしまう可能性がありますので、必ず提案された塗料の特徴を聞いて、本当に必要か検討しましょう。

参考ページ:塗料によってこんなに違う!? 外壁塗装の耐用年数

1-3.外壁リフォームで使える助成金や補助金の活用

条件さえ満たせば、外壁をリフォームする際に補助金や助成金を使うことができます。
お住まいの自治体によって金額は異なりますが、概ね5~30万円ほど貰える可能性があります。

外壁リフォームは工事の種類にもよりますが、100万円以上かかるケースが多いため、こういった補助金や助成金を利用して施工をするのも安くするコツとなります。

外壁リフォームの補助金や助成金については、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

参考ページ:外壁塗装でもらえる補助金・助成金|制度の詳細や対象となる条件を解説

2.外壁リフォームの費用を安くするために組み合わせたいコツ

上記まで、外壁リフォームにフォーカスして解説をしてきましたが、他のコツと組み合わせることでさらに安くリフォームが出来る可能性があります。

具体的には

・屋根のリフォームと一緒に頼む
・相見積りを取る
・外壁塗装がヒマな時期を探す
・交渉する

上記の手法です。
具体的に各項目をどのように進めていけばよいのか解説していきます。

2-1.屋根のリフォームと一緒に頼む

なぜ屋根と一緒に?と思われるかもしれませんが、その理由は足場です。
外壁、特に高いところを塗る場合にどうしても足場が必要になります。

外壁と屋根を別々にリフォームしてしまうと、足場を組んで、工事が終わったら解体してという作業を2回行うことになります。
そのため、別々に工事を依頼してしまうと2重にお金がかかってしまうのです。

以上のことから、外壁と屋根のリフォームは同時に行うことでコスト削減になるのです。

2.2外壁塗装会社の閑散期に依頼する

繁忙期と閑散期でリフォーム代金が変わる会社も多いです。
繁忙期は職人さんが出払っているので、そこで依頼してしまうと、工事人数が少ない中で納期を調整する必要があるので残業代など余計なコストがかかります。

逆に閑散期であれば、工事をする人数にも余裕もあるので、リーズナブルな料金で仕事を受けてくれる可能性はあります。
また、自社で職人さんを正社員として抱えている会社であれば、人件費は閑散期でも当然かかってきます。
その人件費確保のため、売上を閑散期でも上げる必要があるので、値段交渉もしやすくなってくるため、お得に外壁リフォームをすることが出来る可能性があがります。

以上のことから、急ぎでないのであれば、外壁工事の閑散期と言われる、12~2月もしくは6~8月にあわせて依頼しましょう。

2-3.内容の入れ替えを交渉する

リフォーム会社から見積りをもらってそのまま検討せず、交渉することも重要です。
例えば、上記で紹介したように塗料によって値段に差があるので、変更したらどれくらい安くなるのか?また時期をズラせば安くなるのかなど営業さんに聞いてみることも重要です。
その結果、

「実はこちらの塗料が仕入れ値が安いので、○○円下げれます。」

のような話を引き出すことも出来る可能性があります。

ただ、むやみやたらと値段を安くするのは考えものです。
というのも、外壁リフォームをする上で重要な高圧洗浄・塗料を薄めるなどあっては、耐久度に不安が残るからです。

そのため、リフォーム会社と外壁のクオリティを維持しながら削れるところはどこかないかと相談しながら進めて行くのをオススメします。

2-4.相見積りを取る

最後のポイントは、必ず複数社から見積りを取ることが重要です。
外壁リフォームは滅多にやることではないので、恐らく相場をご存知ない方がほとんどではないでしょう
また、家の状態によって工事費用は変わってきますので、見積りはしっかりしておきましょう。

~まとめ~

さくらリフォームではできるだけ安く外壁のリフォームを行いますので検討中の方はまずはお気軽にお問い合わせください。

外壁リフォーム




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!