窓手すりの特徴を徹底解!設置にかかる費用や最適な高さとともに紹介

窓手すりの特徴を徹底解

小さいお子さんや高齢者の方が
一緒に住んでいるお宅では
窓は転落の危険性がある心配な点です。

しかし
窓の外側に後から手すりを取り付けるには
足場が必要になったりと想像以上に
費用がかかってしまうことがあります。

手すりを内側に取り付けることは
費用を抑えながら転落を防げる方法です。

そこで今回は
窓の手すりを内側に取り付ける工事に
かかる費用と最適な高さを紹介します

窓手すりとは?

窓手すりは窓からの落下防止の役割をする重要なアイテムのひとつです。落下防止の役割をするということは、それなりの強度を必要とします。施工アイテムそのものの強度はもちろんのこと、取り付け方によっては十分な強度を保てず、事故の原因になってしまうこともあるようです。
手すりのような小さなアイテムでも、プロに依頼するのが安心です。お気軽にお問い合わせください。

窓用手すりの主要な特性は、高さ、幅、角度、角度幅です。角度は窓の角度で、幅は窓の上部(左または右)から手すりの上部までの距離です。角度幅とは、窓の上部または下部に対して手すりが作る角度のことです。

レールの高さとは、レールの上端から支えている窓の下端までの距離のことです。

レールの幅とは、レールの上部から支えている窓の上部までの距離のことです。

レールの角度とは、支えている窓の角度のことです。

角度の幅は、窓の側面に対して、窓の手すりが作る角度です。

窓用レールは、窓と同じ幅の水平面または帯状のものです。木製または金属製の1つ以上の層でできています。

窓柵は、多層階の建物の窓を囲む手すりの一種です。窓柵には、シンプルな縦長の窓から、複雑な横長や角度のついた窓まで、さまざまな形状があります。ここでは、窓柵の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

窓用手すりのメリット

窓用手すりのメリットは、次のとおりです。

窓用手すりは、建物の動きによって窓が破損するのを防ぐ最も効果的な方法の一つです。風や天候の影響で窓が壊れたり、破損したりした場合、通常は修理や交換ができません。窓用手すりは、窓が割れたり破損したりしたときに、素早く簡単に交換できる方法です。また、窓の飛散やガラスの破損を防ぐ、あるいは最小限に抑えることができるのも窓用手すりの特徴です。

窓用手すりは、建物の内側にも外側にも取り付けることができます

窓手すりは、フラットハウスやセミデタッチドハウスの壁に取り付けられている装飾的な建築物です。手すりの素材は、レンガ、コンクリート、木、グラスファイバー、金属、ガラスなどさまざまです。手すりの形は長方形が多く、窓の数によって高さが異なります。

窓辺の手すりは、家の正面、つまり1階に設置されることが多い。この手すりは通常、外壁に取り付けられており、家の外観に新たな視覚的要素を与える。また、室内にも設置されており、室内の景観を向上させる役割を担っています。

ウィンドウレールは、現代のフラットハウスやセミデタッチドハウスのすべての壁にある装飾的な建築要素である。住宅の外観に新たな視覚的要素を与える。レンガ、コンクリート、木、ファイバーグラス、金属、ガラスなど、さまざまな素材で作られていますので、どのような素材が合うのかをあらかじめ考えておくと良いでしょう。

手すりの素材はアルミが一般的です。

木材を使って手すりにすることもありますが
2階以上の窓に設置をする場合には
転落の危険性があるので

アルミなどの金属を使用した手すりの方が
体重がかかっても安心できます。

お家のテイストによっては
金属の雰囲気が合わない場合もあります。

素材はアルミでもデザインは木目調の
おしゃれな手すりも販売されているので
見た目が気になる方にもおすすめです。

窓の手すりを内側に取り付け!高さの位置はどれくらい?

窓の手すりの高さは
実は建築基準法では定められていません。

建築基準法施行令の中には
1.1m以上という規定があります。

また行政によっても1.1m以上の腰壁を
指導する場合もありますが
強制力はないので施主が断れば
守る必要はありません。

しかし品確法による
住宅性能表示制度を利用する場合には
窓台の高さを80cm以上にするか
手すりを1.1m以上にする必要があるので

一般的に手すりを1.1mの位置に
取り付けることが多くなっています。

窓の手すりを内側に取り付ける際の幅はどれくらい?

窓の手すりを内側に取り付ける際の幅は
当たり前ですが窓の幅いっぱいになります。

窓の幅よりも短い手すりを設置するには
固定するための部材が余計に必要になるので
見た目的にも強度的にも納まりの悪い
仕上りになってしまうので注意が必要です。

窓の枠が傷んでいる場合には
手すりを取り付けても強度が落ちてしまうので
枠の修理をする必要があります。

建物によっては窓の枠がない場合もあるのであなたのお家の窓も
一度チェックしてみてくださいね。

窓の手すりを内側に取り付けると転落防止に役立つ?

窓の手すりを内側に取り付けることで
転落防止の役に立つこともあります。

転落防止のために
窓の内側に手すりを取り付けるのであれば

素材はアルミなどの金属で
荷重がかかっても安心で
頑丈な物にする必要があります。

また手すりの高さが1.1m以上あることが
望ましいとされているので参考にしてください。

窓の手すりは布団干しとして活用できる?

窓の手すりが内側に付いていることで
布団干しとしても使用することはできますが
一般的には窓にくっついて
設置されていることが多いので

布団を干せたとしても
外に干した時と同じような効果は
期待できないかもしれませんね。

万年床になるくらいなら
手すりに干したほうが
まだましな程度だと思います。

窓の手すりを内側に取り付ける際の注意点とは?

窓の手すりを内側に
取り付ける際に注意したいことは
手すりの高さはもちろんですが
足がかりになるような段差を作らないことです。

小さいお子さんにとっては
80cmの腰壁も高く感じます。

腰壁のその先に何があるのか
知りたくなってしまいます。

そこに足がかりになるような段差があると
ついつい登ってしまう危険性があります。

はしごの代わりになるような段差は
作らないように施工することが大事です。

窓は採光や通風のために必要ですが
危険を伴うようなデザインや計画に
ならないように注意が必要です。

まとめ
今回は窓の手すりを内側に設置する際に
かかる費用や最適な高さを紹介しました。

窓の内側に取り付ける手すりについて

取り付けにかかる費用
窓の手すりの素材
内側に取り付ける高さの基準
手すりの幅
転落防止にも役立つ手すり
内側の手すりを布団干しに活用
手すりを取り付ける際の注意点と紹介させて頂きました。

窓の手すりの高さは
窓や窓台の高さも考慮して
設置を検討する必要があります。

2階以上の窓には登ってしまわない工夫や
配慮が設計段階から必要になってきます。

ですので、建築基準法や品確法に精通した
プロの意見を参考にすることも大事です。

~まとめ~

ここまでご覧いただきありがとうございました。

窓手すりがあると、子どもを守ることができたりおしゃれにできたりさまざまなメリットとデメリットがあります。
窓手すりをつけて、家族と快適に過ごしましょう!
さくらリフォームでは、窓手すりの設置も行っておりますのでまずはお気軽にお問い合わせください。

外回りのリフォーム

>> 家の外回りのリフォーム(外溝・エクステリア)ならさくらリフォームに




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!