災害に備えたリフォームやリノベーションで住まいごとの危機管理を

1天気予報でほとんどの方が何度もご覧になったと思いますが、「特別警報」や避難情報のニュースでは住宅が大きな被害に合う様子がテレビや新聞から伝わってきます。

万が一の時に備える、とはどのようなことをしておけばいいのか。みなさんの住まいはどのような対策が必要なのか、他人事ではなくできる限りの備えをしておくことはどれほど大切か、十分ご存じだとも思います。

 

実際に被害に遭われた方々は口々に「まさかこのようなことが自分の身に起こるとは思っていなかった。」と辛い状況の中インタビューに答えていらっしゃいました。

あまりにも大きな災害は、誰もが起こってほしくないことでもありますし、普段の生活から考えますと、想像しづらい状況でもあります。避難を促す警報が出ている中、避難しなかった方はどうして避難することを判断しなかったのか、こうした「まさかそのようなことが」と考えて危険を小さく判断してしまう心理を「正常性バイアス」ということで、天気予報のサイトや災害のニュース解説の中でもテーマになっていました。危険が身に迫っているのに日常とかけ離れた状況を目の前にして精神的なダメージを小さくするために正常性バイアスによる危険な心理に陥ってしまうというものです。

 

いざというとき、こうした心理状態に陥ってしまうのは穏やかな日常生活だからこそでもあり良いことでもありますが、そのような事態になっても住まいの危機管理をしておけば、被害を最小限に抑えることもできるため、災害対策としてのリフォームやリノベーションは具体的なリフォームの形がはっきりしていなくても検討を始めることをおすすめしたいことです。

リフォームやリノベーションにかかるコストにつきましても、現在の住まいのご状況に合わせて適切な方法をご提案できますので予算に合わせてご検討いただけます。

 

経年劣化によって傷んでいる部分は災害時には大きな被害を受ける確率も高くなります。大きな被害によって危険な状態を招かないためにも老朽化している部分のみでの交換、補修を実施するリフォームで、万が一の災害にしっかりと備えておくとよいでしょう。

 

また、災害時には停電になってしまうこともよく見受けられる大きな被害のひとつですが、気候によっては暑い季節にエアコンが使用できなくなってしまえば熱中症にもなりかねません。緊急情報を知りたくても携帯やスマホの充電もできない、という事態も起こっています。そんなときも蓄電器があれば安心です。災害対策の決め手としても一家に一台蓄電器をご紹介しています。詳しくはお問い合わせください。お見積もりは無料ですのでお客様の住まいの気になるお悩みやご相談だけでもお気軽にお越しください。私たち専門家が誠実にお客様の住まいのお悩み解決のためにサポートします。リフォームやリノベーションを相談したい、とお考えでしたら私たちにおまかせください。

 



関連記事


各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!