ツーバイフォー住宅はアレンジできる?

ツーバイフォー住宅はアレンジできる?

ツーバイフォー住宅は、特殊な構造になっているためアレンジは難しいと思われがちですが、実は
tツーバイフォー住宅もリフォームすればアレンジすることができますので、この記事では、どんなアレンジができるのか詳しくご紹介していきますのでぜひご覧ください。

結論からお伝えすると、2×4(ツーバイフォー)住宅もフルリフォーム可能です。フルリフォームのプランによっては、日本で広く利用されている在来工法(木の柱や梁といった芯で家を支える構造)の家よりも、楽にリフォームできる場合もあります。ただ、2×4(ツーバイフォー)には2×4(ツーバイフォー)独自の欠点や注意点があるのも事実です。まずは、2×4(ツーバイフォー)住宅のフルリフォームが難しいとされる理由を知っておきましょう。

2×4のリフォームが難しいとされる理由は会社側が不慣れだから

2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォームが難しいと言われる理由は、多くの場合「単純に施工会社が2×4(ツーバイフォー)のリフォームに慣れていないから」でしょう。2×4(ツーバイフォー)は、元々海外で一定品質の家を大量に短期間で作る手段として生み出されました。そのため、2×4(ツーバイフォー)住宅に使われる建材の形やサイズはそろっていますし、どの会社が建てた家でも、「何ができて何ができないか」を推測しやすくなっています。そのため、リフォーム会社側が2×4(ツーバイフォー)住宅の特徴や基本的な設計を理解できていれば、問題なくフルリフォームの設計をすることができます。
 
しかし、湿度が高く、時期によって建材がふくらんだりたわんだりする日本では、湿気や雨に対応するために在来工法と呼ばれる建築方法が一般的でした。在来工法では、木材の微妙な違いを調整しながら仕上げる必要があるので、施工会社によって建材の寸法等が違うことも少なくありません。どの施工会社の家に手を入れる場合でも、リフォームやメンテナンスができるように、設計にある程度余裕を持たせているため、2×4(ツーバイフォー)住宅ほど厳密な耐力の計算等をしなくてもリフォームできてしまいます。
 
また、そもそも2×4(ツーバイフォー)住宅は、1950年代以降に広まった、比較的新しい家づくりのスタイルです。[注1]日本に2×4(ツーバイフォー)住宅が入ってきてから、まだ数十年程度しか経過していません。在来工法に比べて厳密な耐荷重等の計算が必要なこと、ノウハウの蓄積が少ないこともあって、「2×4住宅はうちではリフォームできない」と断るリフォーム会社がいるからこそ、リフォームが困難だとされているのでしょう。

規格が決まっているため比較的楽に建材を調達できる

2×4(ツーバイフォー)は、名前の通り2インチ×4インチ等の木材で作った枠組みに頑丈なパネル(壁)を張り付けて箱を作り、六面体を積み重ねることで強固な耐震性を確保するという仕組みになっています。[注2]
使われている木材のサイズがほぼ共通なので、リフォーム用の資材は比較的楽に調達することが可能です。また、既存と新しくリフォームする部分の違いも生まれにくい構造体です。

[注1]一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会:歴史が証明する工法発展
[注2]一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会:ツーバイフォーの特長

2×4(ツーバイフォー)住宅でもできるアレンジポイント

リフォームが難しいといわれる2×4(ツーバイフォー)住宅でもできるリフォームを、4つのポイントにわけてご紹介します。2×4(ツーバイフォー)住宅の購入を検討している方や、現在2×4(ツーバイフォー)住宅に住んでいてリフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1. 壁をなくす・移動する

前述のように、2×4(ツーバイフォー)住宅はルールさえきちんと守ることができれば、壁をなくしたり動かしたりすることが可能です。もちろん、ルールに則ったうえで、梁を補強するなどすれば、かなり自由度を上げることもできます。また、壁全体をなくすのが難しい場合は、壁の一部だけをスリット状に抜くことで、開放感が得られると同時にデザイン性も高められます。

2. 窓を大きくする・増やす

部屋の中が薄暗いので窓を大きくしたり新たに設けたりするリフォームは、2×4(ツーバイフォー)住宅では敬遠されがちですが、こちらもルールを守ってさえいれば可能です。どうしても窓を大きくすることができなければ、小さな窓を増やしたり、リビングなど明るくしたい部屋を日当たりのよい窓際に移動したりといったリフォームプランを検討しましょう。さらに、2階の天井の一部を取り払って吹き抜けにすると、2階の窓から差し込む光と広くなった空間との相乗効果により、明るく感じられるようになります。

3. 間取りを変更する

前述のように、ルールを守ったうえで壁を取り除くことができれば、間取りを変更することも可能です。
特に、独立性を高めるために細かく仕切られている間取りの場合は、十分な調査をすることで、撤去できる壁がいくつか見つかります。たとえば、子供が独立したのでゆったりと大きなリビングにしたい、2階の部屋数を減らしてウォークインクローゼットを造りたいなどという希望がかなうケースも十分あります。

4. 増築する

2×4(ツーバイフォー)工法は、ほかの工法と同様に増築もできます。
増築部分も2×4(ツーバイフォー)工法で建てれば、既存住宅との一体感が生まれると同時に、工期も短くてすむというメリットもあります。

2×4住宅の良くある要望とリフォームでは対応できない要望

図面の上に模型2×4(ツーバイフォー)住宅は、壁を使って全体の重量を支えています。そのため、構造上「どうしても動かせない壁」があったり、壁の耐久性を維持するために窓の大きさが制限されたりするので、2×4(ツーバイフォー)住宅にどんなリフォームができるのかを知っておきましょう。

窓が小さいので大きくしたい

条件によっては、窓を大きくすることも可能です。リフォーム後の間取りや設計を考えた時点で補強方法を検討し、十分な強度を確保できる場合は、窓をより大きいものに取り替えることができます。無計画に窓をサイズアップすると、壁量が不足し、必要最低限の耐久性を確保できなくなり、家が倒壊したり傾いたりするリスクが増えるので、窓の扱いには細心の注意を払いましょう。
また、2×4(ツーバイフォー)住宅といっても、家によっては重量を支えていない、間仕切りのような壁も存在するため、設計次第では大きな対策なしで窓を大きくできる場合もあります。フルリフォームに合わせて窓のサイズアップを検討している場合は、必ず構造体としての頑丈さを確認しましょう。
なお、どうしても窓を大きくできない場合は、元々明るい場所に、明るくしたかった空間を持ってくるといった工夫で対応できる場合もあります。キッチンを移設したり、リビングの外へウッドデッキを後付けしたりして結果的に過ごしやすい空間を作れるなら、窓のサイズにこだわる必要はないかもしれません。

壁を動かしたり取り払ったりして広いリビングにしたい

構造上の問題がなければ、壁を動かしたり取り払ったりして広々としたリビングに作り変えることができます。確かに、2×4(ツーバイフォー)住宅は壁で重量を支えるという仕組み上、むやみに壁を取り壊すことができません。しかし、多くの場合ある程度の安全マージンを取っているため、壁によっては数十センチ程度壁を壊したり、穴を開けたりすることも可能です。2×4(ツーバイフォー)住宅ならではのルールを守っていれば、「和室とリビングをつなげる」「キッチンをリビングに隣接した客室部分に移す」といった方法でリビングを広げることもできるでしょう。
また、思い切ったフルリフォームが可能なら、リビングの真上を取り払って吹き抜けにしてしまうのもおすすめです。外壁部分は別ですが、1階の壁で支えるべき2階の床がなくなれば、上下の空間を広く取ることができるでしょう。吹き抜けを作ると2階の窓から1階へ光を取り込めるので、リビングを明るくできるといったメリットもあります。

コーナー窓の設置はNG

2×4(ツーバイフォー)住宅は、在来工法のように家の中心に支えとなる柱がないため、外壁部分の強度がもっとも重要です。壁の一部を切り抜いて窓を設置すると、その部分の強度が下がってしまうため、とくに家の角部分には壁が必要と考えておきましょう。

構造上動かせない耐力壁の移動・撤去はNG

2×4(ツーバイフォー)住宅は、壁を使って重量を支えているわけですが、すべての壁が均等に重量を支えているわけではありません。そのため、「この壁は壊せるが、この壁は壊せない」といった違いが出てきます。フルリフォームで撤去したい壁が構造上動かせない位置にある場合は、間取りを工夫して居心地の良い空間に仕上げることを考えましょう。

全面ガラス窓の設置はNG

壁一面を覆うような大きな全面ガラス窓は、設置するのが困難です。背の高い掃き出し窓など、サイズの極端に大きなガラス窓は、耐力壁になりません。ただ、元々あったリビングの外にガラス張りのサンルームを作るといった対応は可能なので、できることとできないことを見極めて、理想に近いフルリフォームプランを考えましょう。

2×4(ツーバイフォー)住宅のフルリフォーム費用について

電卓で費用計算する男性2×4(ツーバイフォー)住宅のフルリフォーム費用は、プランによって相場が大きく変わってきます。中でも影響が大きいのは、間取りの変更部分です。2×4(ツーバイフォー)住宅は、壁を壊したり動かしたりする場合、家全体を安全に支えられるかどうか十分検討する必要があります。ノウハウを持っていて作業に慣れているリフォーム会社ならともかく、2×4(ツーバイフォー)住宅のフルリフォーム実績が少ない会社だと、知らないうちに建物に負荷をかけて、将来大きな問題が生じることになってしまいます。壁の移動を含むフルリフォームは、費用が1000万円を越えてくることも少なくありません。ただし、壁の移動が不要なら、内装等のリフォーム費用が数百万円ですむケースもあります。2×4(ツーバイフォー)住宅のフルリフォームでは、壁の扱いと水回りの工事、足場を組む必要のある高さの外壁工事等にコストがかかるので、予算に合わせてどこまでリフォームするかを考えましょう。
また、2×4(ツーバイフォー)住宅は壁・床・天井が鋼接合により一体化されているので、築年数の古い物件でも、基礎や構造体に狂いが生じづらいです。

2×4住宅のフルリフォームに必要なプランニングのルール7つ

ルールを解説する女性2×4(ツーバイフォー)住宅の強度を最低限確保するためには、以下のルールを守ることが重要です。施主が2×4(ツーバイフォー)住宅ならではのルールを知っておくと、フルリフォームプランづくりをスムーズに進められるので、ぜひ知っておきましょう。

・家の角は最低でも90センチの壁を確保
・耐力壁のサイズを90センチ以上取る
・耐力壁の縦横比は最大でも1:4以下
・窓やドア等の開口部は壁に対して4分の1以下
・窓やドア等の開口部は横幅最大4メートル以下
・1階部分の耐力壁は下に基礎を敷く

家の角は最低でも90センチの壁を確保

住宅の角部分に窓やドアを作るのはやめておきましょう。最低でも90センチの壁がないと、耐荷重に問題が出やすくなってしまいます。とくに、壁よりも強度の低い窓の設置は避けておいたほうが無難です。

耐力壁のサイズを90センチ以上取る

国土交通省告示1540号によると、地震や強風、台風といった横向きの力に耐える耐力壁のサイズは、90センチ以上が望ましいとされています。[注3]

耐力壁の縦横比は最大でも1:4以下

耐力壁の縦横比が1:4を越えると、十分な強度を確保できません。フルリフォームで壁を動かすときは、縦横比についても配慮が必要です。

窓やドア等の開口部は壁に対して4分の1以下

壁の強度を確保するために、窓やドア、玄関等の開口部も壁面の4分の1以下に抑えましょう。壁面に対して4分の1を越えた大きさの開口部があると、その部分の耐久性に不安が残ります。

窓・ドア等の開口部は横幅最大4メートル以下

横開きの窓やドア等は、4メートルを越えないように調整しましょう。また、開口部の横幅が90センチ以上ある場合、「まぐさ」と呼ばれる補強用の横材を取り付けて、強度を高める必要があります。

1階部分の耐力壁は下に基礎を敷く

家全体の重量を受けても住まいが沈まないように、1階部分の耐力壁は基礎の上に設置することが大切です。短い壁だと基礎が不要な場合もありますが、安全性のため、1階の壁を動かすときは基礎の位置も確認しましょう。

[注3]一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会:平成 13 年国土交通省告示第 1540 号(改正平成 30 年 3 月 26 日)[pdf]

2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォームに失敗しないための業者選び

業者選びが分からない夫婦
前述のように、2×4(ツーバイフォー)住宅でもフルリフォームはできます。しかし、残念ながらリフォーム業者ならどこに依頼してもよいというわけではありません。でも、どこをポイントに判断したら良いのかわからない方も多いと思います。2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォームに失敗しないためにも、ここで紹介する4つのポイントを押さえて、慎重に業者を選びましょう。

1. 2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォーム実績のある業者を選ぶ

「腕のよい職人さんがいるから」といわれると、その業者にリフォームを頼みたくなりますが、2×4(ツーバイフォー)住宅に関してはその限りではありません。現場で1mm未満の調整をしながら仕上げていくような従来のやり方は、2×4(ツーバイフォー)工法ではあまり必要ないからです。それよりも、この記事でもご紹介した2×4(ツーバイフォー)住宅ならではの開口部と耐力壁に関するルールを熟知していることのほうが重要です。それらのルールを知らずにリフォームを進めれば、住宅の強度が著しく低下してしまうことにもなりかねません。まずは、その業者の2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォーム実績がどの程度あるかを確認しましょう。

2. 希望のリフォームに近い施工例のある業者を選ぶ

リフォーム実績のある業者がいくつか見つかったら、空間や内装、インテリアの事例にイメージに近い施工例があるかどうかを、ホームページなどで確認しましょう。希望とピッタリの施工例がないなくても、リフォーム会社には得意としている方向性があります。いくつかの施工例を見たうえで、全体的に希望のリフォームのイメージに合っていると思える業者を選ぶと、完成後のイメージが大幅に違うという失敗は少ないでしょう。

3. 悪天候への対策をきちんと考えてくれる業者を選ぶ

2×4(ツーバイフォー)住宅は、規格どおりの資材を組み立てていく工法で造られるのが特徴です。この資材は、木材であるため湿気に弱く、雨に濡れてしまうと水分で反ってしまう場合があります。そうなると、正確につなぎ合わせることができなくなり、仕上がり具合に影響を与えかねません。特にフルリフォームをする場合、屋根を施工し直したり壁の一部を取り除いたりと、住宅内部が風雨にさらされるケースも想定されます。このように、部分リフォームでは想定外の事態が起こる場合もあります。なので、リフォーム規模によっても選択するリフォーム業者は異なります。

4. 相見積もりを取る

2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォームに限ったことではありませんが、いくつかの業者をピックアップできたら、必ず相見積もりを取りましょう。2×4(ツーバイフォー)住宅のリフォームは比較的低価格でできるとはいえ、やはり業者によって差があります。また、イメージを伝えたときに、それに近い設計図を作ってくれるかどうかというところもチェックしたいポイントです。複数業者に対して十分にコンタクトを取ったうえで、決めることをおすすめします。

2×4(ツーバイフォー)住宅の魅力

完成した家を満足そうに眺める夫婦
これまで見てきたように、ルールさえ守れば、2×4(ツーバイフォー)住宅でもフルリフォームは可能です。「フルリフォームができないのでは」という不安が払拭された人に向けて、最後に2×4(ツーバイフォー)住宅の魅力についてお伝えします。

工期が短い

先にも述べたように、2×4(ツーバイフォー)住宅は、2インチ×4インチなど決まった規格の木材を使って建てられます。そのため、新築時はもちろんのこと、リフォーム時にも資材調達がスムーズにできます。また、現場ではほぼ組み立てるだけで済むので、比較的短工期で完了するのが大きなメリットです。さらに、資材の規格が決まっていることで、サイズが合わない、設計図どおりにいかないなどの現場でのトラブルが少ないことも特徴に挙げられます。

不具合や欠陥が少ない

2×4(ツーバイフォー)工法は、資材が規格化されているだけでなく、その工事方法もシステム化されているのが特徴です。そのため、従来のように熟練の職人でないと扱えないといったことがありません。前述のルールさえ押さえておけば、職人のスキルに依存しないため、安定した品質が期待でき、不具合や欠陥が少ない建設やリフォームが実現できます。

耐震性・耐風性に優れている

従来の木造建築でよく使われている軸組工法は、木材で枠組みを作り、そこに壁を取り付けるため、面積の小さい木材や柱で建物を支えることになります。そのため、大きな揺れに弱いといわざるを得ません。一方、2×4(ツーバイフォー)は、2インチ×4インチの面材で床や壁、天井などを箱型に組み立てて造る工法です。つまり、面で建物を支えるため、建物に加えられた力が建物全体に分散されるので、地震の横揺れなどに比較的強いというのが特徴です。さらに、壁面全体が同じ強度であるため、軸組工法に比べて強風に強いというメリットも持ちます。

断熱性・気密性・耐火性が高い

2インチ×4インチの面材を隙間なくつなぎ合わせる2×4(ツーバイフォー)工法は、隙間が生まれにくいため、気密性が高まると同時に断熱性も高まります。従来工法の住宅のように、どこからか外気が侵入してくるといったことがないので、冷暖房効率が高まり、省エネにつながるのも嬉しいメリットです。さらに、耐火性も高いため、火災保険のなかには掛け金が軽減されるものもあります。

【まとめ】2×4住宅をフアレンジして理想の住宅を手に入れよう

リフォームしづらい、間取りを変更できないと言われる2×4(ツーバイフォー)住宅ですが、適切な強度計算ができるリフォーム会社ならフルリフォームが可能です。リフォームの際は、家全体に必よな壁量を計算、壁の再配置、壁の強度を増す工夫を行い、壁倍率を増やすなどの構造検討をするなど専門的な設計をして壁の撤去、開口の拡大を図ることはできるのでさくらリフォームで相談してください。




各種お問い合わせ

お電話

リフォーム相談会ご相談_0330
reform-tel_sh

 

メール (24時間受付中)

【無料】リフォーム相談会
リフォーム相談会

・毎週土曜と日曜、14時~開催
・完全予約制
★ご参加特典 今なら「リフォーム完成予想CG」が無料です!

【無料】ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり依頼

・こんなリフォームはお願いできる?
・見積もりを出してほしい
・自宅まで、現地調査に来てほしい
・検討中物件の内覧に同行してほしい
・どんなことでもお気軽にどうぞ!